表現力より、さらけ出し力?

文章で特に感じること。表現力はもちろん大事だけど、それ以前の問題として「さらけ出す」力ってかなり大事だよなと、このところ特に思う。

「さらけ出す」の意味は色々あって、必ずしも「私生活を暴露するすべき」だなんて言いたいわけじゃない。

私の思う「さらけ出し力」の一つ目は、「心のうちで自分がリアルに思ってることを言葉にすること」。ふだんから人に合わせるように話をしていると、これが案外むずかしい。

あと、個人的にもっと難しいと思ってるのが二つ目。「自分がかっこいいと思ってる文章を書くこと」だ。大学のときのレポートの書き方だったり、会社員になってからの資料の書き方なんかを学ぶ中で、「無駄のない」文章を書く訓練はしてきたつもり。まず全体の骨子を作って、段落ごとに言いたいことを整理して、わかりやすい順番で書く。書き終わったら、無駄な言葉を削っていく。いらない主語、わかりにくい接続詞、不要な形容詞を容赦なくがんがん削ぎ落として行く。授業や仕事の場ではそういう文章が適切だし、私も素直に従った。

ところがこれには大きな落とし穴があった。学校や会社で伝わりやすい文章は書けても、いわゆる情感たっぷりの「エモい」文章を書くのがとんと苦手になってしまったのだ。

かっこいいと思う文章は世の中にたくさんある。私の好きなタイプの文章はどれも、「無駄」な言葉であふれている。たくさんの形容詞に彩られ、意味深な接続詞でつながれる。こんな文章が書きたい。物語を紡いでみたい。ところが自分で書こうとすると、無意識レベルでそれを制御してしまう。行間を読ませるような文章が、ぜんぜん書けない。書こうとしても、私の脳内の赤ペン先生が勝手に出動して、どんどん削除してしまう。

先日NHKの番組「プロフェッショナル」で、脚本家坂元裕二さんの特集をしていた。彼はいう。「好きという気持ちを、そのまま好きと伝えたら嘘になる。好き、という文字のまわりの輪郭を埋めていって、浮き上がってくるものが本当の気持ちだ」というようなことを(うろ覚えの言葉ですみません)。私の文章は、「好き」と2文字で終わらせてしまうタイプのものだと思う。ほんとうはもっと、まわりの輪郭を書きたいのに。

結局のところ私は、「まわりに簡単に評価されやすい文章」を書くことだけに意識を向けて、ほんとうに書きたいタイプの文章をさらけ出せないでいるのだ。これだけ毎日書いていて、今更恥ずかしいもなにもないはずなのに。

目下の目標は、小説を書いてみること。それも、思いっきりかっこつけて。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、旅に出たときのごはん代にさせていただきます。旅のあいだの栄養状態が、ちょっと良くなります。

豆花(とうふぁ)が好き
149

ぽんず

自己紹介代わりのnote

はじめまして。ぽんずです。 毎日noteを書いてますが、その中から自己紹介代わりのものを集めました。
3つのマガジンに含まれています

コメント3件

表現力よりさらけ出し力、よくわかります😊私も今まで、人に読まれる文章ばかり考えて、自分の書きたいことを我慢してた気がします。noteも自分の正直な気持ちを書いたら、ぐんとスキが増えました😊
コメント失礼します。
坂元さんのプロフェッショナル、とても良かったですよね!
好きということを好きと言わずに伝えるために物語はある。本当にそう思います。
普段の生活で、私たちそんな簡単に、手放しで「好きでーす!!」(←アホっぽい)なんて言わないよなぁって笑
言えなくて言えなくて、でも伝えたくて、態度とか、仕草とか、一見関係ない言葉とか真逆の言葉とかで、埋まってゆく。
長々と失礼しました。
私も小説にチャレンジ中なのでついコメントしてしまいました。
好きだぁぁぁ!好きなんだぁぁぁ!
を真実にする瞬間のための「好きの周辺」もどうぞ足して…!!(個人的嗜好です、すみません)分かりやすいとか伝わるとかって意外に浅いの、感じます。。。なんかこうポロリとかほろり、鼓動とか体温とか息づかいとか、、、読む醍醐味ですね…♡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。