2019年、ロンドンで開催中のDior展へ。Vol.1〜売り切れチケットを奇跡的に確保できた話〜

ロンドンへ旅行しました。
目的はVictoria and Albert Museum(ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、以下V&A)で開催中のChristian Dior: Designer of Dreams(以下Dior展)へ行くため。

2年前、パリの装飾美術館で開催され、大好評につき、ロンドンへ巡回し、V&Aのキュレーターが再編集。
しかし、大人気すぎて前売り時間制券が全てソールドアウト。その券がないとどうやら入れないらしいと聞き、行きたいけど無理だね! と爽やかに諦めていたところ、大好きな知人がDior展に行っていたのである。

「朝8時に並ぶと当日券買えるかも!」という情報をGET。
まじかよ!と予定を確認すると、7月前半は何もアポイントがない。そして航空券も安い!直行便で往復12万ほど、格安宿もかろうじて残っている。
(のちに気がつくのだが、このときウィンブルドン真っ只中。安宿が片っ端からなくなっていった。あぶねー)

旅行は勢いでポチッとするところからはじまる。こうして仕事のことやお金のことを無視して7月4日〜10日までのロンドン旅の予約をした。この時6月10日である。我ながら勢いのよさ。仕事仲間や友人に、「え、急!」と言われる。ですよねー。

浮かれポンチな私は、ロンドン住んでいたことのある友だちにおすすめ情報を聞いたり、Facebookで何か仕事してきますよ〜と、投稿。そうすると……


OH MY GOODNESS!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
これは6月19日のレス。9日間の間に何が起こったの!!! V&A!!!!!!

仕事中だったのにも関わらず、急いでサイトをチェックすると、sold outの文字が消え、予約画面へ。
なんと旅行期間中のチケットを予約できたのである。おぉ、洋服の神様よ……。こうして私は確実にDior展を見られることになったのだ。

ロンドン旅行は成功したも同然。このとき思ったのは、旅行へ行くことを周りに吹聴しておくと、素敵な情報が舞い込んでくるんだなぁと、改めて。本当にありがとう。

これから行かれる方も、こまめにチェックしておくともしかしたら、突然チケット予約画面になるかもしれない。
もし無理だったとしても、8時に並ぶと当日券が買えるらしいので、絶対諦めないで……。
諦めてほしくない理由はVol.2へ。

続く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

高橋 優璃

1986年東京生まれ。WEBを中心にエディターだったり、ライターだったりしています。

travel

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。