「勉強」はむしろ大人になってから、の話。

今年に入ってプログラミング初心者になりました。入門書を買って、Xcodeを起動して勉強中です。物事の仕組みを覗くことが好きだし、元々アプリ開発の世界に興味があったので、挑戦してみることにしました。

「面白そう!」を絶対逃さないほうがいい

勉強することって大事です。私は生きる上で「睡眠、食事、遊び…」と変わらないと思います。だからって私は別に努力家でもガリ勉でもないです。

「勉強」って言葉の意味は「経験すること、技術を学ぶこと、精を出すこと」だそうですが、個人的には「面白い!」と思ったり、空白を埋めるような、納得するための作業に近いと思っています。

勉強は「皆がやっているから自分もする」でもないし、「誰かのためにやる」だけではいつまでも身につかないもの。

必要とすれば自ずと勉強するはずだし、勉強した過程が自分の成長を促します。メリットはあるでしょうが、点数で競い続ける勉強はもう控えるべきではないでしょうか。

漠然とした未来に向けて強いるものではないし、何かを保証してくれるものでもないからです。


「現代の仕組み」は前の時代のものだと心得ねばならない

今後もっと「あなたはどうなりたいですか。そのために何が出来ていますか。」と否応無しに向き合わされるでしょう。

誰でも人となりが問われ、物質的な豊かさでなく、個人としての豊かさに光が当てられる。そこを見て見ぬ振りができない時代が必ずやって来ると思うのです。

現実はそう容易く変わりませんが、これまであった社会での受け皿は徐々に形を変えているし、明らかになってます。あらゆるものが引きずり出され、淘汰される時代が近づいている証です。

そうなると、例えばこの勉強するって感覚がとても大事だと思えてきます。「自分は何に面白さや楽しさを感じ、具体的にどんな行動が取れるか」と自問自答するようなことです。

その感覚を昔から捨ててきたり、奥の方にしまったままにして来た場合は、とてつもなく苦しい日々が待っているかもしれません。

大人になってからでも全然遅くないし、大人だからこそ、より自分の興味あることや目的がはっきりしているから分かりやすい。私も「今のうちに勉強しておこう!」と実感する毎日です。

今日も読んでくださってありがとうございました。アプリ作れたら報告したい。

#コラム #勉強 #大人からの勉強 #プログラミング


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

コラム

心の声。気づいたこと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。