仕事が続かない悔しさの話。

私は「まじめに重く受け止めすぎ」って言われるのが嫌いになってしまいました。自分にとって自然なことや必然であることを、言って動いて何がいけないんでしょう。

1人で出来ることは知れてるから、連携したり話し合って、丁寧に事を運ぶ方が良い。仕事はできるだけ滞りなく実行される方がいいから、その為だけに行動しているつもりです。

でもそういうのって面倒くさかったり、堅苦しいみたいで嫌われてきました。考えても準備してもしょうがないって。

私が渡されるなら、バトンは持ちやすい方がいいし、シンプルな方が良いと思うんですけど。

私は決して完璧主義者じゃないし、自分に甘いし、たくさんいい加減なこともしています。

でも後先考えない、わざと残しておく、後日体裁のいいように整えるなんてことはできません。むしろその方が気持ち悪いです。後から何倍もの時間と労力がかかるくらいなら、話し合って工夫した方がいいと思うのですが。

物事を深く考える視野の狭さが悪いのか、結局私が我慢できずにその場を去りたくなってしまって、同じ仕事が続かずにいること多いです。

自分の置き場所を変えなければなりません。私はどこで活かされるのでしょう。身の振り方を考えなければなりません。

今日も読んでくださってありがとうございました。天職って羨ましい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

コラム

心の声。気づいたこと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。