写真には日常を、幸福を

これは人物写真、特にご家族での撮影に限った話なんだけれども。
"幸福の気配のある写真"を撮るのが好きだ。

それはおそらく家族写真というものが、"見返す"ことを前提にして撮るものだからだと思う。

例えば5年後10年後に撮った写真を見返した時。
その情景が物凄く幸せそうに見えたとしたら…

実際その時は結構大変だったり、しんどい思いが続いてたりしていても。
「あの時はあれはあれで、幸福だったのかもしれないな」
って思えるんじゃないかなって。

人間には、思い出補正という優しさに満ちた機能があるから。


一方で子供にとっては、写真は未来への贈り物だと思っている。

小さくて愛らしかった、子供時代を過ぎて。
親と衝突するような歳になり、思春期を迎え、大人になって…
いつしか、親の愛を無条件に信じられなくなる。

それは、誰にでも起こりうることで。
そして若い剥き出しの心に感じる痛みは、鋭敏で。


そんな時に「親が子供を抱き締めて、幸福そうに笑っている」そういう写真が1枚あればね。
子供としては「ああ、愛されてたんだな…」って思えるんじゃないかなって。

今がどうであれ。
確かにこの人は自分を愛しんで愛情を傾けてくれたんだって。

自分なんて、亡くなった母に関しては。
思春期に喧嘩をしていた記憶ばかりが鮮明で…
ここ数年はそうでないけれども。
子供時代となると、途端に恨み辛みの方が我先にと出てこようとして。

でも写真ってね、いいんだよね。
記憶なんていう曖昧なものと違って、もっとスパーンとしてる。

その中にいる自分は無防備で、母は笑顔で。
どちらも作り物ではない表情をしていて。

そこから伝わる幸福に、疑いの余地なんてない。


写真の、そういう問答無用な所。
すごくいい。


「写真には日常を、幸福を」
それが、自分にとって家族を撮る時の合言葉。

この仕事をしていて、1番根っこにある想いはきっとそれだ。


ユルリラム
http://yururelam.web.fc2.com/

*************

スキ・フォロー・クリエイターサポート、すごく嬉しいです。
書く励みになってます、ありがとうございます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートが溜まったら、子犬のおもちゃやトリミング代に貢ぐか…犬疲れを癒す為にハーゲンダッツのクッキー&クリーム買います。ハーゲンダッツは断然これか抹茶が好き。

スキをした あなたにスキと 返したい
11

Photalk

写真に対するスタンス表明

コメント3件

ありがとうございます!!自分の好きが詰まってるので、そう言っていただけるとすごく嬉しいです!
はじめまして。写真と文章の力に物凄く惹かれました。noteを始めて以来、初めてnoteの中で写真だけではなく文章も読み続けたいと思う写真家さんに出会いました。このnoteはkemaraさんの本当に撮りたいものと真摯に向き合い続ける姿勢がひしひしと伝わります。感動しました。今後も楽しみにしています。
なんて写真に誠実な方なんだろう…と惹かれフォローさせて頂いた方から、こんな風にコメント頂けるなんて。嬉しいやら照れくさいやらです!ありがとうございます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。