犬という概念

夢って、ものすごく正直なのかもしれない。

この20年間、犬の夢といえば。
子供の頃に数年だけ一緒に暮らした、コロちゃんだった。

コロちゃんそのものの場合もあったし。
コロちゃん的イメージの、別犬の時もあった。

でも出てくるどの犬も、コロちゃんと同じ豆シバ系の容姿をしていた。


それが、ここ1~2年程で。
夢に出てくる犬が、ガラッと変わってしまった。

2年前から、我が家で頻繁に叔母の犬を預かるようになったのだ。

そしてそれ以来、夢の中に出てくる犬は。
どれもその子自身か、その子と同じ犬種のマルチーズになった。

その事に気が付いた時、何とも不思議な気持ちになった。
「自分の無意識の中の、犬という概念が上書きされてしまった!」と。

そして、コントロールしようのない夢の中での出来事だからこそ。
己の無意識をストレートに突きつけられたように感じた。

今はあの子を愛している、と。
自分にとっての犬はあの子なんだ、と。

現在進行形の愛情の、なんと強い事よ。
「女の愛は上書き保存」、否定できないかもしれない。


*************
スキ・フォロー・クリエイターサポート、すごく嬉しいです。
書く励みになってます、ありがとうございます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートが溜まったら、子犬のおもちゃやトリミング代に貢ぐか…犬疲れを癒す為にハーゲンダッツのクッキー&クリーム買います。ハーゲンダッツは断然これか抹茶が好き。

この嬉しさ 喜びの舞を 踊りたい…!
8

つれづれ箱

あれやこれや喋りたいこと
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。