Not 桜日和 ~桜と写真とカメラの話~

今年の春は、どうにも桜に優しくない。
梅雨みたいに曇りと雨の日が続いて、風も強い。

よく晴れた青空の日、桜の下でお弁当を食べている。
柔らかな風が吹いたかと思うと、ひらひらと唐揚げの上に花びらが落ちてきた…みたいなシチュエーションは、どうやら今年は望めないらしい。


ただ桜写真を撮る、という楽しみが損なわれたわけではない。
晴れの日には晴れの日の、雨の日には雨の日なりの良さと楽しみがある。

昨日のお天気は、曇り時々小雨。
そしてこの辺りには珍しく、霧が出ていた。

いつもの風景が桜色のアクセントで、ほんの少し華やかに…
そしてたちこめる霧でどことなく柔らかに写る。

ただしこういうお天気の日は、空背景にしても楽しくない。
白に近い鼠色と薄紅色では、青空のインパクトには負けてしまう。


そういえば昔は、桜の写真を撮る事にあまり興味が持てなかった。

だって誰が撮っても、青空さえあればそれなりに綺麗だし…
桜や紅葉って、いつかどこかで見たような、ありがちな写真になってしまう。

そういう写真って、好きじゃない。
だから桜は撮らなくていい。

生意気にもそんな風に思っていた。


だけど今や、そうやって尖った台詞を吐く事も無く
ウキウキとカメラを持ち出しているのは。

それは、自給自足する事にしたからだ。

ありがちになるというなら、そう撮る自分の腕が悪い。
嫌ならば、そんな風に撮らなければいいのだ。

「さぁ自分の桜は、自分の手で探しに行こうぜ!」という訳である。


そして、そうやって向き合ってみれば。
否定していた、ポストカード的な美しさへの印象も変わってしまった。

あれって撮りたくても、天候に気候・時間帯などの条件がぴったり合わないと難しくて。それを撮りたい人が多くいれば、場所取りの競争率も大変で。

自分で撮ろうとは思わないけれど、あれはあれですごい事だ。
写真という趣味の、アプローチ方法の幅広さを実感する。


さて、自給自足を始めてから数年。
毎年必ずではないけれど、桜を撮るのが楽しくなってきた。

「私は私の桜ちゃんが、最高に好きで可愛いんです!!」
胸を張ってそう言う為に。

心に響いたものを、1つ1つ確かめながら。
自分の感じる"良い"に最大限近づくよう、試行錯誤していく。

文章を書くのとよく似ている、感覚を形ある物に変換する過程。
この作業が、なんとも楽しくて。


他人に評価される、されないなどと考える事なく。
まずは自分が自分の為に心に問いながら、作り上げていく。

ただこれだけの事が、楽しくてやめられない。


*************
スキ・フォロー・クリエイターサポート、すごく嬉しいです。
書く励みになってます、ありがとうございます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートが溜まったら、子犬のおもちゃやトリミング代に貢ぐか…犬疲れを癒す為にハーゲンダッツのクッキー&クリーム買います。ハーゲンダッツは断然これか抹茶が好き。

笑顔です あなたの気持ちが 嬉しくて
16

Photalk

写真に対するスタンス表明

コメント1件

初めまして。コメント失礼します。
【桜・さくら・サクラ・Sakura2017】というタグイベント発起人の桃生といいます。
「#2017桜」タグが付いてましたので、こちらのマガジンに格納させていただきました。
https://note.mu/canokomonou/m/mb7a1140d4514

不都合ございましたらお手数ですがお伝えくださいm(_._)m

お写真とテキスト、読ませていただきました。ほんと、今年は桜さんたちと観賞するわたしたちの距離を取るかのように特に天候がすぐれません。当方、九州の太平洋側ですが、実は数日前にやっと開花宣言があって、例年になく遅れていて……。そんななか、じっくりと桜と向き合ってお写真を撮られた記録を拝読しまして、まだ満開桜は眼にしてませんが、今年の桜を味わえた気分です。ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。