仕事の量

ノートのコードを見て、普段仕事で見ているサイトのコードとの、記述の量の違いに驚いた。

コードのことはよく分からないけど、とにかくいろんなケースを想定して(対応して)細かく記述されているらしいことは見て取れた。

このシンプルなUIを実現するのに、裏側で膨大な仕事がなされているんだなって、感心してた。

その「膨大な仕事量」ってところに、ロマンを感じるんだな。

もちろん、一朝一夕に作られたものじゃあないんだろ。

少しずつの積み重ねが、気づいたら膨大な仕事量になっている、って。

そんで、よくできたものにはたくさんの時間が費やされてる、って。

大切にしたいものができたなら、少しずつでいいから、毎日毎日時間を費やして、積み重ねられたものがいつか気づいたら膨大な仕事量になってて、その気づくのは自分だったり、他の誰かだったりするんだろうけど、仕事というのはそういうものなんだって思う。

家族と過ごす時間だったり、自分と向き合う時間なんかも、そうだよ。

浪費だとか無駄だとか嫌だとか、そういう話もよく聞くんだけれど、積み重ねるつもりで時間を費やしてごらんよ。

正しいと信じたことなら、積み重ねるつもりで、ロバート・ジョンソン笑

今日は眠くないよ。

#yusukeumeoka20190808 #日記 #エッセイ #仕事の量 #ノート #コード #サイト #ケース #想定 #対応 #記述 #シンプル #UI #膨大な量 #裏側 #感心 #積み重ね #時間 #毎日毎日 #自分 #誰か #家族 #ロバートジョンソン

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

シャイ・マイ・ペイス

ある人につけてもらったあだ名です。とても気に入っています。

新しい日記

1年ほどずっと続けてて、忙しさにかまけて、あと意味が分からなくなってしばらくお休みしていた日記を、再びはじめてみます。令和になりましたので。いい機会だと思って、再びはじめてみます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。