大好きな夏の方へ

大好きな夏が、そこらへんに落ちてる。

今朝も見かけたけど、今自分の手元にない、夏。

よく晴れたクッキリ境界線の明確な感じの青と白の空があって、木々があって蝉が鳴いている。

人はあんまり、いない。

たまに走る車の音以外は蝉の声しか聞こえなくて、暑いんだけど風を受けていてこれ以上ないくらい爽やかな、夏。

ぼくはそんな夏が欲しい。

そんなことを書いてると、自分が作家か何かになった気分になってるな、図に乗るんぢゃねぇ、ダボが!

と、ロマンチックを嘲笑う冷たいヤツが現れて、優しく諭してくれる。

冷静、とは冷たく静かと書くが、この場合のヤツはウルさそうなので違うかな。

とにかくぼくには大好きな夏があって、早くそっちの方に向かっていかないといけない。

めんどくさがりぃで、ダラダラした自分もきっと好きになってくれる、夏。

そんな夏のために、もし今出来ることがあるんならば、やるよ、俺。

文句は言わない。

ぼくの大好きな夏をくれるって言うんなら、もう少し頑張ってみるよぅ。

#yusukeumeoka20190804 #日記 #エッセイ #大好きな夏 #今朝 #境界線 #青と白 #蝉 #車の音 #爽やか #風 #ぼく #作家 #ダボ #ロマンチック #ヤツ #冷静 #めんどくさがりぃ #ダラダラ #自分

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
ある人につけてもらったあだ名です。とても気に入っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。