【AISTS #2】 受験から合格まで

今年の9月から、スイスにあるスポーツマネジメントの大学院 AISTSに留学するのですが、どのようなプロセスで合格が決まるのかご存じない方が多いと思うので、日本語で整理してみます。ざっくり言うと、書類審査とSkype面接です。

AISTSの概要について書いた記事と、受験についての公式サイトはこちらです。

受験者の条件

MBAに比べるとまだハードルは低いですが、形式的な条件は以下の通りです。

最低限必要な条件(Minimum Requirements)

・学歴:大学卒業
・職歴:2年以上の職務経験
・英語:TOEFL iBT 85点(全セクション20点以上)、または、IELTS 6.5点(全セクション6.0点以上)
・スポーツ界で生きていくことへの熱意と国際的な視点

上記に加えて、あると望ましい条件(Competitive Requirements)

・学歴:大学院修了
・職歴:3年以上の職務経験
・英語:TOEFL iBT 95点、または、IELTS 7.5点

書類審査

毎年、同じ9月の入学者の募集として、締切が3回設定されています。2019年9月入学の場合は、2018年11月1日、2019年2月1日、2019年5月1日です。大学としては、早い段階で良い応募者がいれば合格を出すので、早く出す方が通りやすいことは間違いないですが、まだ間に合います。多様なバックグラウンドの学生を集めたいはずなので、これまでの合格者にない経験や素質を持っていれば可能性はあると思います。

主な提出書類は以下の3点です。他は、大学の卒業証明書やTOEFLの成績などの形式的な書類です。もちろん全て英語で準備します。

・モチベーションレター(2〜3ページ)
・履歴書
・推薦状(2通)

モチベーションレターに書くように指定されている内容は、以下の4点です。

・今日のスポーツが直面している重要な課題は何だと思うか
・AISTSに応募するモチベーションは何か
・卒業後はどのような業界で働こうと思っているか、具体的な組織や会社があるか
・留学中の資金はどのように工面するのか

推薦状は、アカデミック(大学教授など)とプロフェッショナル(会社の上司など)から1通ずつもらうことが望ましいとされています。

書類提出の締切後、6週間以内に審査の結果がメールで送られてくることになっています。僕は11月1日の締切前に提出して、約4週間後の11月29日にメールをもらいました。6週間近くかかると思っていたので、思わぬ嬉しい知らせに驚きました。

Skype面接

書類審査通過のメールの中に、Skype面接の候補日程が記載されています。僕の場合は1週間後くらいの日程が複数提示され、12月6日に実施することになりました。時間帯もそれぞれだと思いますが、日本の夕方(スイスの昼)でした。

面接は30分程度で、志望理由や卒業後の進路など、一般的な質問が中心でした。女性の面接官で、終始和やかな雰囲気でした。提出した書類と整合性のある回答ができているか、(日本人の場合は特に)プログラムに積極的に参加して貢献できる英語力があるか、というところがポイントだったように感じます。

僕が想定できていなかった質問の一つは、「5人でグループワークをするとしたら、どのようなポジション/役割になることが多いですか?」でした。このあたりは、僕の回答も含めて別途まとめてみようと思います。

合格通知

最終的な合格通知は、面接の約1週間後、12月14日にメールでもらいました。それなりに手応えはあったものの、やはり嬉しかったですね。その日はずっとにやにやしてたと思います。

終わりに

長くなってしまったので、今日は公開されている情報をベースにまとめました。より具体的な内容(僕自身の提出書類や回答など)については、公開方法を考えてみます。もしご要望があればコメントいただければと思います。

Twitterもお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます! 皆さんのスキやコメント、SNSでのシェアが、何よりのモチベーションです。 サポートいただけましたら、スイスでの活動費に充てさせていただきます。物価の高い国で無職になりますが、体験の機会にはお金を惜しまず、情報発信を続けていきます。

ありがとうございます!嬉しい!
7

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。