見出し画像

子ども時代に何かを忘れてきた

こんにちは。
ゆとり店長です。
自己紹介→https://note.mu/yutori_tencho/n/nd8385b1d12e9

周りの人に「しっかりしてるね。」ってよく言われます。

子供の頃から大人びた子供でした。やたら哲学的なことを言ってみたり、「私はそんな子供っぽいことしないわ」と友達の姿を斜に構えて見ていました。

大人になって、逆に自分にはものすごく子供っぽいところがあると思うようになりました。相方と出会ってからは特にそうです。

・相手の気をひくための行動をする。
・怒りや悲しみの感情処理が苦手。
・社会常識にちょっと疎いところがある。
・相手の気持ちを慮るのが苦手。
などなど。

お恥ずかしい話ですが、自分でも子供かな?と思うことがあります。

子供時代に身につけるべきことを、何か忘れてきたんだろうな。
妹のせいにはしたくないけど、普通ではない家庭で育ったから。

虐待されたわけではないし、そこそこ裕福だったし、正直、まじで何不自由なく育ててもらいました。
わがままも聞いてもらった、はずです。

でも体中に「しっかりしなきゃ」がしみついています。
夜中ふと目を覚ますと親が何かコソコソ話し合ってたり、学校で妹がチョロチョロしているのを見てる友達の反応が気になったり。
そんなことを1つ1つ気にしている間に、何かを体得し忘れたんだと思います。それは大人になってからでは、手に入れられないものなのでしょう。

何か忘れてきました。
足りない私でなんとか一生懸命生きています。
こんな私を受け入れてくれている周りの人に感謝です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ゆとり店長

都内の飲食店で働くゆとり世代、女性店長。飲食店店長の日常。考え。想い。 妹が自閉症のきょうだい。帰国子女。2019年年末にセブで挙式予定。年の差婚。 自己紹介→https://note.mu/yutori_tencho/n/nd8385b1d12e9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。