見出し画像

不平等を知った日

こんにちは。
ゆとり店長です。
自己紹介→https://note.mu/yutori_tencho/n/nd8385b1d12e9

東京大学の入学式の祝辞が話題になっています。

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。
世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。
あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。
恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。
そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。

気になって全文読ませていただきましたが、さすが東大と思わせる知性あふれる文章もさることながら、この文章をこのタイミングで、日本最高峰学府への切符を手にした新入生に語るというのが、なんともカッコいいなぁと思いました。

社会は平等なんかじゃない

そう気づいたの、いつだったかなぁ。

小学生のころ、「妹が自閉症」「帰国子女」というまぁまぁ田舎ではパンチがあるプロフィールで生きていました。日本に帰国したてのころは、漢字とカタカナはあまりわからず、傍らにはもっとよくわからない行動をする妹がいて。それでも頑張ればどうにかなると思っていました。だってみんな平等だから。道徳の教科書にはそう書いてあったし。

でも、妹は努力しても普通にはならなかったし、男子たちには「外人~外人~」とかわれたりもしました。

中学校では「頑張ればどうにかなる」精神でなんとかやっていきました。同級生や親御さん、地域の方々が優しい方ばかりだったのと、なんとなく勉強ができたし、運動もそんなにできない方ではなかったので、劣等感をあまり意識せずにすみました。

高校生になると、受験戦争に突入していくわけですが、このときもまぁまぁ成績がよかったので、「不平等」をはっきりとは意識しませんでした。

ただ、やっぱり妹はまだ足し算や引き算の練習ばかりしてたり、突然パニックになって泣き叫んだりしていましたが、やっぱり家の中心は妹でした。私はこんなに頑張っているのに、どうしてみんな妹のことばっかりなんだろうなぁ、と思ったりもしました。

さらに、高校生ともなると「なんとなく要領よくやってる(ように見える)生徒」みたいな存在に気付き始めました。

でも大丈夫。だって平等だから。頑張れば報われる。

結局受験は第1志望ではなかったものの、行きたかった大学に合格し、東京に出てきました。

大学生、田舎から東京にでてきて、いっきに交友関係が広がり、少しずつ不平等に気付き始めます。どうやら友達の家には、妹のような何をしでかすかわからない存在はいないらしい。あたりまえのように大学の行事に両親そろって来たりする。勉強しなくても、教科書を読んだだけで理解できる人がいるらしい。同じ1文読んだだけなのに、理解力がまるで違いました。

おいおい話が違うぞ~。道徳の授業はなんだったんだ。先生が妹のことを語るときに使った「平等」の言葉は?

今はわかります。だって大人になったから。社会は全然平等なんかじゃない。まず生まれる家が違うし、男か女かでも違うし、運もあります。

居酒屋の店長になって、はじめはスタッフにもお客様にも、店長扱いしてもらえませんでした。それは私が「小娘」だったからです。毎日、男だったらもっとやりやすいかなと思っていました。もうすぐ30代になりますが、少しずつ仕事がしやすくなっている気がします。小娘の発言力ってめちゃめちゃ弱い世の中なんだと感じました。

社会は全然平等なんかじゃない。だから何か秀でる力があるのなら、それを弱者のために使ってほしい。東大の祝辞は私たち社会人の胸にも響くものがありますね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ゆとり店長

都内の飲食店で働くゆとり世代、女性店長。飲食店店長の日常。考え。想い。 妹が自閉症のきょうだい。帰国子女。2019年年末にセブで挙式予定。年の差婚。 自己紹介→https://note.mu/yutori_tencho/n/nd8385b1d12e9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。