見出し画像

休み方が大事という話

こんにちは。
ゆとり店長です。
自己紹介→https://note.mu/yutori_tencho/n/nd8385b1d12e9

休み方って、すごく大事ですよね。

お店をオープンした直後は、休みなく毎日朝から晩まで働いていました。
たくさん働くのは良いことだと思っていましたし、働くべきだと思っていました。
若気の至りです。今やれと言われてもできません。

働きすぎると
・集中力が低下し、仕事の質が落ちる
・風邪を引くことが多くなる
・部下にもキツい労働環境を要求してしまう
などなど、良くないことがたくさん起こります。失敗もたくさんしました。

体も心も辛い日々が続いて、週1日は休むことにしました。

わたしの個人的な感覚では、人間は最低でも週1日は休みが必要です。(もちろんもっと休めるなら休んだほうがいいのですが。)
体を休める必要があるのはもちろんのこと、どこかに出掛けたり、趣味の時間を持つことは、長期的に見て仕事の質を上げることに繋がります。

休みをとることで、
・仕事は仕事時間内に仕上げようと集中力が上がる
・自分の体調管理にも意識が向くようになる
・他人の私生活を慮る余裕ができる
いいことがたくさんあります。

特に経営者の皆さんは、踏ん張らなければいけない状況のときもあるでしょう。責任が重くなればなるほど、仕事ばかりの毎日になるかもしれません。

ただ、それで無理をして倒れてしまっては意味がありませんから、持続可能な仕事方法の実践が大切だ、と最近思うのです。

経済は低迷し、やればやるほど儲かるなんてことはどんどん少なくなっています。人手不足も深刻です。そういう時代を乗り切るためには、「休み方」にも目を向ける必要がありますね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

ゆとり店長

都内の飲食店で働くゆとり世代、女性店長。飲食店店長の日常。考え。想い。 妹が自閉症のきょうだい。帰国子女。2019年年末にセブで挙式予定。年の差婚。 自己紹介→https://note.mu/yutori_tencho/n/nd8385b1d12e9

みんなのフォトギャラリー

みんなのフォトギャラリーでご使用頂いた note クリエイターさんの記事をまとめています。 ご利用ありがとうございます。note タイトルでご利用の際は、[ aoneko ] で検索してください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。