見出し画像

外国人留学生に面接で聞く質問

こんにちは。
ゆとり店長です。
自己紹介→https://note.mu/yutori_tencho/n/nd8385b1d12e9

コンビニでも、飲食店でも外国人留学生のアルバイトさんをみかけること、めちゃめちゃありますよね。
ゆとり店長の店も2年ほど前から外国人留学生のアルバイト採用を始め、今では在籍スタッフのうち8割9割は外国国籍の方です。
面接ではおそらく300人以上の方とお話しさせていただいたと思います。

留学生を面接したことがある方、いつもどんな質問をしていますか??
私も最初は何を質問すべきか全くわかりませんでした。

ただ何回も面接を経験しているうちに、聞いておくべき質問、気をつけるポイントが見えてきましたので、一部ではありますが、こちらにまとめてみようと思います。
※本記事の対象は留学ビザの方ですので、他の理由でビザを取得されている方はちょっとあてはまらないかもしれません。

ポイント1:
アルバイトの掛け持ちを望まない人を採用する。

いろんな目的で日本にきている方がいて、なかには出稼ぎというか、家族への送金目的。ビザの許す限り、働いて円を稼いで帰るぞ!!みたいな方もいらっしゃいます。留学ビザでは就労活動は週28時間以内(長期休暇は週40時間以内)と決められていますが、複数バイトの掛け持ちや、記録に残らないよう給料の現金払いを要求したり、あのてこの手で持ちかけてくる方もいました。

人手不足の飲食業界では、「たくさん働きたい人材」はまじ助かる!!存在ではありますが、時間を越えて働くと違法就労になります。
しかもこういった方は長期的にみると、働きすぎで体を壊し休みがちになったり、突然の帰国を余儀なくされたりと、決していいことはありません。「28時間、越えちゃだめだよ。」と優しく諭してお断りしましょう。
個人的にはそういうガツガツした考え、嫌いじゃないんですけどね・・・。

理想は学校とアルバイトの両立を大事にできる方です。私はよく「アルバイトの掛け持ちをしたいかどうか」で本人が何を重視しているかみわけています。本気で日本語を習得し、今後の人生に活かしたいと考える方はあまりかけもちをしたがりません。金銭的な面でも、学費や生活費を支援してくれる家族がいる、もしくはきちんと計画して訪日している可能性が高いので、留学生活が安定している傾向があります。

たまに「あまりシフト入れてもらえないので、もう1つ始めようと思って」という方がいます。もちろん個人差、お店によっての状況はあると思いますが、この人手不足の時代に、あまりシフトをいれてもらえないというのは、何か理由があると考えた方がいいと思います。例えば日本語能力がまだ未熟で戦力にならないとか、勤務態度に問題がある、とか。

どちらにせよ、かけもち希望の方にあまりいいイメージはないです。
お店として、ご本人の夢、日本語能力の成長を応援しましょう。

ポイント2:
学校or家がお店に近い方を採用する。

アルバイトって、週に何回も通う場所なので、遠い場所だと長く通うにつれて通勤が負担になってきたりします。面接に来たときは近い近いと思っていても、いざ通うとなるとしんどくなったりするんですよね。
日本に長く住んでいる私たちであればなんともない距離でも、留学生にとっては辛かったり。
学校もしくは家がお店に近い方であれば、定着していただける確率はグッとあがります

また、意外と気軽に?というか短期間で引っ越しをする方が多くて(たぶん学校の寮の契約期間とかの問題だと思うのですが)
引っ越ししてお店が遠くなると辞職の原因になったりするので、面接時には直近で引っ越しの予定はないか確認しましょう。

ポイント3:
授業時間の変更に注意する。

これ!これなんです!!毎回悩まされるのは!!!
日本語学校、めちゃめちゃ授業時間が変わるんです。

年明け、4月、夏休み明けは授業の時間がかわりやすいタイミングなので注意が必要です。この確認を怠ると、例えば、午後から授業だから午前中お仕事お願いね~って仕事覚えたころに「店長!!来月から授業が午前中になりますのでアルバイトできません!!」。。。みたいなことが起こります。悲しい~。

あとよくあるのが、ディナーの時間帯のアルバイトをしていて、授業が朝授業に変わって、朝起きるのが辛くて辞めるパターンです。悲しい。悲しすぎる!!

しかもこの時間変更は、どうやらクラス分けテスト的なものでレベル別に決められるらしく、自分では選べないようです。

さらには、大学や専門学校への進学のため、通常の授業とは別に特別クラスを受講する場合もあるようです。特別クラスは難易度が高いことが多いので、けっこう苦労している留学生が見受けられます。

というわけで、面接で授業変更の有無を確認しましょう。
ただ、本人も認識していない可能性があります(なんと!!)。授業の変更、あるかもよ。学校に確認してね。と言ってあげてください。

最後に

まだまだありますが、とりあえずこれくらいにしておきます。

去年、今年あたりから、ビザの更新も少し厳しくなっているようで、アルバイトについてもより厳しくチェックされるようになってきています。違法行為はもっての他ですが、上手くコミュニケーションをとっていかないと、ようやく戦力になってきたところで辞めざるを得ない状況になることも考えられますので、面接のときから慎重に本人の考えを引き出していく必要があります。

日本語の未熟な方だと、文のニュアンスや「てにをは」が間違っていたりとか、本人が思っていない意味で伝わってしまったりするので、採用する側としては難航を極めたりするのですが、気長に取り組む必要があります。

上手く助けてもらって、お店を守っていけるといいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

ゆとり店長

都内の飲食店で働くゆとり世代、女性店長。飲食店店長の日常。考え。想い。 妹が自閉症のきょうだい。帰国子女。2019年年末にセブで挙式予定。年の差婚。 自己紹介→https://note.mu/yutori_tencho/n/nd8385b1d12e9

写真使ってくれた方々のnote

みんなのフォトギャラリーにアップ中の写真を使用して下さった方々ありがとうございます!アイキャッチに使用して頂いた記事を随時追加中!note外でのご使用はストックフォトサイトからどうぞ。使用時リンク記事に大体販売先掲載してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。