【編集部取材】 インバウンドで潤う?札幌市のホテル市場。新規出店VS既存店舗という、単純な構造ではなかった。 北海道札幌市

2018.02.05

フルサービスを提供する老舗のシティホテルから、ドミトリー(相部屋)中心のゲストハウスまで、多種多様な宿泊施設が競い合う札幌市。

もともと観光・ビジネス需要が旺盛なうえ、道内では「札幌一極集中」の状況が長らく続いており、内地からだけでなく、道内各地からの宿泊需要も大きい。

このまちに「出店」している宿泊施設は、地元ローカル資本に加え、全国チェーン、道内のローカルチェーンなど多種多様だ。

以前から新規参入の「チャレンジャー」も多かった。

平成29年10月に観光庁が発表した宿泊旅行統計調査によると、日本の宿泊施設の稼働率は、全国平均で63.3%。

このうち北海道は67.6%で、その内訳を宿泊施設タイプ別でみると、旅館が55.6%、リゾートホテルが51.7%、ビジネスホテルが79.7%、シティホテルが80.9%。

言わずもがな、北海道内でビジネスホテル・シティホテルのマーケットが突出して大きいのは札幌市だ。

インバウンドを中心に、札幌市のビジネスホテル・シティホテルが北海道全体の宿泊施設の稼働率を大きく「牽引」していることは容易に想像できる。

<目次>

■インバウンドのグループ・ファミリー層に標準を合わせ、「伸び代」獲得を狙う新規ホテル。

■独自のブランド力で粛々と営業展開、後発を「静観」する老舗ホテル。

■気になるのは、ドミトリー(相部屋)型宿泊施設、民泊、既存ホテルのリブランドの動き。

この続きをみるには

この続き:2,288文字/画像2枚

【編集部取材】 インバウンドで潤う?札幌市のホテル市場。新規出店VS既存店舗という、単純な構造ではなかった。 北海道札幌市

まちおこし・観光・不動産ニュース 遊都総研.com

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

遊都総研.com 編集部取材

まちおこし・観光・不動産ニュース 遊都総研.com の編集部取材より全編を有料公開
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。