見出し画像

雨と涙と暖かさ


雨ってどうしてあんなにしとしと降るんですかね。落ち着くと同時に何かさみしくなる。うっとおしいけど、なくちゃならない。腐れ縁、のような?笑


海の水が蒸発して、真っ白な雲を形成して、水蒸気同士くっついて雨粒になる。大きくなった雨粒は、地上にいる私たちめがけて落ちてくる。

私は雨が好きです。だって、空から水が落ちてくるなんて神秘的じゃないですか。




私は学校まで原付で登校しているのですが、昨日の雨はカッパを着ても、どこかから水が入ってきて、結局濡れてしまう。

ヘルメットは前びらきのモノを使っています。しかし、どうしても隙間があるようで顔に水滴が落ちてきます。

落ちてきた水滴は私の頬を滴り落ちていき、カッパにつきまとった幾多もの水滴と混ざりました。



「あれ、自分、泣いてるみたいじゃん。」



雨が寂しいのって、雨粒が涙と似てるからなんですか。





学校が終わる頃には、雨は降っておらず、晴れ間が広がっていました。


学校終わりの自分を何か褒めてくれているような、認めてくれているような気になりました。


雨の後の日差しはいつもよりもずっと暖かく、優しい光でした。

泣いた後に誰かが背中を押して励ましてくれるような。


私は、雨が好きです。


でも…


雨上がりの日の暖かさが好きです。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とても嬉しいです!また見てね!!
6

ゆう

大学生になりたかった看護学生。一眼レフがあれば何処へでも行く。 Camera:Nikon D5300 study,blog,photo...etc
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。