1000万円より20万円をきちっと働かせる金の地頭力

自分でビジネスをやってほんとによかったのは、お金を使う機会をたくさん得た事だと思う。

お金を得る事より、お金を払う事の方がビジネスでは重要だ。

もちろん入ってくるお金を増やすことがビジネスの目的なのだけど、その前にどうしてもお金を支払う必要が出てくるし、そこでどういうふうにお金を動かすのかが何より重要なポイントになってくる。

起業するのに貯金は必要ないというのが私の持論。
貯金するよりクレジットカードを作る事。
それから、見込み客を作る事の方が重要。
残業して体力と時間をすり減らして作った100万円の貯金よりも、見込み客から作った10万円の売り上げのほうが圧倒的に価値があります。

ビジネスプランというのもしょせんプランでしかなくて、プラン通りになんかいかないので、しょっちゅう書き直すか破り捨てる覚悟がないと。
ビジネスプランコンテストなんて最悪で、それで優勝とかしたらその通りにやらないといけないという呪縛がかかってにっちもさっちもいかない。
創業融資を受けるのに創業計画を提出する事になりますけど、わたしは絶対書きたくなかった。

お金は、口座を空っぽにしても次に入ってくるようになっていれば空っぽにしたらいいんです。
カードもちゃんと払えるなら限度額いっぱい使っておけばいいんです。

貯金がなくて焦るなら、貯金したらいいけど、貯金が物事を動かす事はほぼない。支払いが物事を動かすのだ。
(唯一貯金がモノを言うとしたら、融資を受ける時)

そういう事は、ビジネスを始める前には全然わからなかった。
貯金がたくさんある事、頭金がある事、これらが一番大事な事なんじゃないかと思っていた。
でも全然お金ない状況でビジネスをはじめてわかったのは、お金がある事は大事だけど、お金がなくてもできる事はたくさんあるという事、そしてお金があってもそれらをやらないと話にならないという事だった。

そして、思った以上にお金は少なくてもいいという事も、始めるまでわからなかった。

ビジネスを始めるなら、最低でも貯金がなくてはならない、1000万円くらいが普通で、でも今はネットもあるし1円から株式会社がつくれるからもっと少なくてもいい、くらいの認識だった。

それでも「明日までに50万円払わないと家を取られる」と実家から電話がかかってくるような状況で始めたビジネスは、ただただ金が欲しかったがゆえに本質を迷いなく取るしか方法がなく、それ故にあっという間に何のコネもツテもなくても年商1000万円はサクッと達成できた。
元手は、3000円くらいなものである。

つくづく、勉強よりも地頭力というのはこういう事かとわかった。
実戦にでなければ、地頭力なんて不要なので、勉強ができるほうがよっぽどいいのだが、実戦に出た時の戦いは、結局そういうお勉強の知識をぶっ壊して残ったものを振り回して使う事になる。

最初から1000万円をうまく使える力は持っていない。精一杯で50万円くらい。そういう事をわかっていることが、お金の地頭力ってやつじゃないかと思っている。

でも最初から大企業に入って1000万円レベルの予算の仕事ばっかりやってたら、ちゃんと金を使う技術って身に着くのだろうか?
やった事ないからわかんないけど、それができるなら大きい仕事をするために大企業に入るのも悪くないんじゃないだろうかと思う。

ただ私はそういう事ができなかったので、小さな金額からコツコツやる事になったし、それでよかったのだと思う。

お金を使う事で、わたしを縛っていたたくさんの鎖を少しずつ外していく事になった。このことは何度も何度も言いたい。
私はビジネスをしなければ、生きていられなかったと思う。

天職というものがあるかどうか、今のところわかんないんだけど、このお金を動かす事がこれほどに人生を支えてくれるというのは不思議なことだ。
私は数十万円で十分戦えると知った。
1000万円くらいないと戦えないおぼっちゃん育ちとは全く違う。

自信というのはそういう事なのかもしれない。

この続きをみるには

この続き:22文字

1000万円より20万円をきちっと働かせる金の地頭力

yuukee

180円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

つよく生きていきたい。

151

yuukee

3:マイビジネス マイライフ

4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。