フリーランスの得する寄付の方法・寄付控除

意外に知られてなかったので共有したい!
確定申告の時、寄付控除っていうのがあって特定の団体等への寄付は税金が控除される仕組みがあります。だからフリーランスなり、確定申告している人はコンビニなどにある募金箱に入れるのはやめよう。

困った時は国税庁のサイトを確認です。ザ・お役所フォーマットのサイトですので頑張って見て!

控除、つまり払うべき税金がちょっと減る可能性が増えるのです。
フリーランスはそういうちょっとでも大事ですよ。ほんとに!

確定申告書を作る時に、保険会社から送られてきたはがきを貼るところあるけど、あんな感じで寄付の控えを貼って提出します。

例えば、日本赤十字社が大雨災害の義援金受付始めました。

サイトを見ると以下の事が書かれています。

※受領証の分割発行はいたしかねますのでご了承ください。
金融機関で振り込んだ際の振込票等の控えは、受領証の代わりとなります。
これらは、「免税証明書」として寄附金控除申請の際にご利用いただけます。

太字は私が付けました。郵便局の振込用紙思い出してもらうと、右側の小さい半券をミシン目で破ってハンコを押した奴渡してくれますが、あれがフリーランスがとても大切にする控除のしるし!レシート的なあれです!
なくしちゃだめだよ!!
(なお窓口で振り込むと手数料がかかりませんので、一度は手書きで振込用紙書いて窓口で手続きするのもいい体験だと思うから未経験の人はぜひやってみて)

分割発行はできないという事は、複数の人が持ち寄って一回で振り込んでも受領書は一枚だからねって事なので、自分も控除されたいと思うなら自分で振り込んで自分の受領書をゲットしましょう。

他人任せの寄付はちょびっとばかりをするという事です。


募金や寄付は、ちゃんと届ける事がとても大事だと思う。振込は間違いなく届く。
コンビニの募金箱がいけない訳じゃないけど、確定申告している人たちは一度ちゃんとこの寄付控除を体験するのお勧めできます。平日に窓口にいかないといけないけど、一度は経験しておいて損はないです。

1000円でも、なんなら端数過ぎる568円でも別にいいんです。寄付額は。
一度は寄付控除を体験しておきましょう。
まずは体験、経験です。


おまけ。

日本赤十字社の義援金は広範囲で適用されるみたいなので、ぶっちゃけどこに募金したらいいだろうか?と悩む人はとりあえずお勧めできます。
でも個人的にご縁のある土地があるなら、ふるさと納税の寄付がいいと思う。「ふるさと納税 寄付」等でおググりください。

また、今回は災害についての寄付、義援金ですが、ほかにも控除対象になるところ結構あります。気になる分野があったら、気軽にどうぞ。

別に買いたいものがないけど、という時に寄付すると、個人的には「すごく恩を売った」気分に浸れます。
物事がうまくいっていない時や、先が見えない時も、寄付をするとなんだかスーッと晴れていく感じがあります。そこまで何かがたまっていた悪いものがちょっと取れる感じ。
行き詰った時に「これで我が魂を浄化するのだ!」と陰陽師風に募金するとしばらく無敵スター気分を味わえます。

行き詰まりがちなフリーランス生活の皆様にはぜひ体験して頂きたいメンタルハックだと思います。


この続きをみるには

この続き:0文字

フリーランスの得する寄付の方法・寄付控除

yuukee

180円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

つよく生きていきたい。

59

yuukee

3:マイビジネス マイライフ

6つのマガジンに含まれています

コメント1件

毎度ハッシュタグが反映されない独立国家を貫く我がnote
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。