カウンターAI文化

 人が簡単に理解し、かつ AIも簡単に認識してしまえるコンテンツに対して、もっと流動的でイメージ的なコンテンツ。 パッと見ただけでは分からない「何だろうこれは」と思うようなコンテンツ。 そこはまだ荒野だ。

 ドワンゴの川上氏が言った「コンテンツとは分かりそうで分からないもの」 がここにつながってくる。

 近い将来、川上氏が言ったフレーズがピシャリとはまる時代がくる。

 「何だろうこれは」というようなコンテンツに今から取り組んでおこう。

(タイトル画像はAIアナウンサー荒木ゆい)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

yuuma23

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。