見出し画像

魔都に烟る外伝/終宴の始まり~part17~

 
 
 
 クライヴたちが到着した時、倭(やまと)の所有する敷地の外れには、既に新たな住まいが用意されていた。

 周囲の様相と異なるそれは、元々あった建物を改装した洋風の造りで、4人で生活するには十分過ぎる規模と言える。また、大刀自が約束した通り、食事の用意や邸内の管理で訪れる者以外は、特に介入もなかった。

 母国との間を往復しながら過ごすクライヴと、日に日に腹が大きくなって征く倭。

 五百里(いおり)に言わせれば、極端に目立たない方だと言うものの、元々が長身細身の倭であるため、クライヴは不思議な面持ちで見つめていた。妊婦を見たことがない訳ではなくとも、己の子と思えば心持ちは違う。また、マーガレットの懐妊が知れた時は、そうなる前に離れてしまっていたこともあり、戸惑いも生じていた。

「伯爵も、母上様からああしてお産まれになったのですよ」

 表情は変わらぬものの、飽きもせず倭を眺めているクライヴに、五百里が可笑しそうに耳打ちする。

「……あの父も……このような光景を見ていたのであろうか……」

 思わず口を突いて出た言葉。

「きっと、そうでございますよ」

 微笑んで答える五百里とは対照的に、思いもよらぬ考えが、つい洩れたことに苦笑する。

 幼い頃の記憶を辿れば、クライヴの目から見た両親は、これと言って可も不可もない関係としか思えなかった。特に邪見にされた記憶もなければ、目の中に入れても、と言うほどでもない。ただ、恐らく父は母を大切にしていた、少なくとも『つもり』はあっただろうとは感じていた。

「……それより、片親とは言え、母と伯母上が同じ親を持つ姉妹、と言うことの方が信じられんがな……」

 物静かで真面目な伯母アリシアと、エネルギーが服を着ていたような母。こと公務以外に関しての父は、いつも困ったような笑みを浮かべながらも、母に合わせている印象しかなかった。

 だが、今、こうなって思うのは、父も思い悩んでいたのであろうか、と言うこと。己の子に、この力を、宿業を、全て受け継がせることを。そして、子の母に対する罪悪感とも言える後ろめたさを。

「……何か要らぬことをお考えの時のお顔ですね」

「フレイザー……」

 今回、クライヴはヒューズではなくフレイザーを伴っていた。何度か行き来する中で、比較的短期の予定を選び、今回が二度目の供となる。

 いずれはヒューズに屋敷の管理を任せられるようにするための、言わば試行的な演習であった。倭の出産予定が近づけば、クライヴはしばらくは母国に戻ることは叶わない。そのため、比較的早い時期に行なっておき、慣れさせようと言う目算があった。

「いや……このような形で、自分が子を持つことになるなどと、実のところ考えてもいなかったからな。父たちのことを、ふと思い出しただけだ」

「左様でございますね。実感としてお感じになるのは、なかなか……」

「父も、このような複雑な気持ちで私を見ていたのであろうか……」

 フレイザーの顔が珍しく緩んだ。

「そうであったと思います。ただ、ご先代……マリウス様がカーマイン様を構おうなさると、何故かタイミング悪くエヴァ様が何かを起こすので、そちらに気を取られていらっしゃる方が多かったですね」

 一見、歯に衣着せぬことを如何にも楽しげに口にする。

「まあ、あの母だからな。父も目を離せなかったであろうな……」

 クライヴも可笑しそうに答えた。

「はい。マリウス様はそれを楽しんでおいでのようでしたし、加えて、カーマイン様は手のかからぬお子でいらっしゃいましたので……」

 ひとしきりの和やかな会話の切れ目。ふっと息を吐き出し、クライヴの表情は戻った。

「次回、こちらに戻った折には倭の出産となろう。その後、私はしばらく戻れぬ」

「はい」

「頼んだぞ」

「 Yes, my load ……」

 数日後、クライヴは一旦帰国し、今度はヒューズを伴って戻ることになる。

 それからしばらく後、倭は出産の日を迎えた。

 五百里の指示の元、女たちが着々と準備を整えて征く。

 それを垣間見、役立たずのクライヴとヒューズがまず驚いたのは、実際に陣痛が来た際に倭が入る、言うなれば産屋であった。二人の目には、どう見ても湯殿にしか見えない。この形態のものを、この国に来て初めて見た二人ではあったが、どう見ても湯殿なのである。

「……五百里……私には湯殿にしか見えぬが、一体、これは……」

「はい、左様でございます」

 即答に絶句する二人。

「……寝所に医師が来るものだと思っていたのだが……」

 つぶやくクライヴに、五百里は小さく頷いた。

「里の方では、そのように出産する者もおります。しかし、ここではほとんどこの形です。……ああ、もちろん、ここでは出産の数自体が少のうございますが……」

 基本的に男女別個になった集団であれば、それが当然と納得も出来る。

 その時、クライヴは湯殿の天井から吊られている縄に気づいた。下方にいくつかの結び目が作られたそれは、湯殿の中にまで垂れ下がっている。

「……その縄は何のためなのだ?」

「これは、出産の際、女子(おなご)が掴まるためにございます」

 事もなげに答える五百里に、再び二人は絶句した。

「……掴まる……これに……と言うことは、起き上がった体勢で子を産む、と言うことなのか……?」

「左様でございます。そして、ここに冷えない程度のぬるま湯を張っておきます」

「……何故(なにゆえ)だ?」

「理に適っているからにございます」

「……理に……」

 不思議そうなクライヴに、五百里は男である二人に対する説明としては不十分であった、と反省する。

「子は産まれる時、下方に向かいます。降りて来るのです。それ故、母体もその向きである方が理に適っている、と言うことでございます。そして、子は母体で水の中におりますので、産まれた瞬間、一番自然な形となるのです」

「……なるほど」

「何より、この体勢が一番身体に力を入れられ、尚且つ、骨格的にも無理がないのです」

「……なるほど」

 真面目に聞きながらも、当たり前ではあるが、今いち理解出来ていない感満載の二人の反応。

「……謎の極みですね」

「……ああ……」

 ヒューズの言葉にクライヴが同意する様子を見、五百里が小さく笑う。

「五百里様。そろそろ倭様の御髪(おぐし)を……」

 その時、立ち働いていた女の一人が五百里に声をかけた。

「あ、そうですね。すぐに参ります。……さあ、お二人も……もう、概ね準備は整いました故、後はお産まれになるのを待つだけでございますよ」

 物珍しさから見物していた男二人を、五百里は倭の部屋へと促す。

「五百里……倭の髪の毛がどうかしたのか?」

 廊下を歩きながら訊ねるクライヴに、五百里は小さく頷いた。

「お産がもう間近ですから、一度、倭様の御髪を短く致します」

「髪を切るのか……!?」

 声を上げる驚きようは、五百里にも意外な程であった。

「はい。お産を終えてしばらくは湯浴みも出来ませぬし、当然、御髪も梳くのが精一杯にございます故……倭様の御髪の長さでは……」

「切っても大事ないのか……!? 確か以前、髪に何か宿ると……」

 クライヴの言葉に、五百里は何かに気づいたように頷く。

「大丈夫でございます。女子(おなご)は子を産む際、体内の不要物一切を排出致します。髪もある程度、古くなった部分は断って良いのです。また、新たに伸びます故……」

 安心したような、良くわからないと言うような複雑な表情を浮かべ、クライヴが引き下がった。五百里の手によって丁寧に削がれ、床に散らばって征く倭の黒髪を見つめる。腰の下まであるのと比べれば、相当に短くなってしまった髪の毛を。それでも、束ねるには十分な長さで揃えられた面立ちは、また違う印象をクライヴにもたらした。

(倭の母も、さぞかし美しかったのだろうな)

 そんなことを考えている己が可笑しく、同時に『両親共に』美しい顔立ちをしていたのだろうと思い当たり、思考自体を打ち消す。決して、口にすべきではない言葉は、消してしまうに限る、と。

「……そんなに違和感がございますか?」

 あまりにクライヴ視線を感じたのか、倭が心持ち居心地の悪そうな顔をする。

「いや、そうではない」

 髪の毛くらいのことで、とクライヴは反省した。そっと倭の髪に触れると、しっとりとした重み。長さは変わっても、黒絹のような手触りは変わっていない。

「……髪の有無など関係ない」

 そのまま引き寄せるクライヴの胸に、倭は静かに自身の背を預けた。

 予兆が訪れたのは、まさにその翌未明のことである。

 まだ仄暗さの残る明け方。

 腕に抱えていた倭が、俄に動き出した気配でクライヴの意識は半覚醒した。そっとクライヴの腕を外して起き上がり、ベッドから抜け出ようとしているところで。

「……倭……? まだ暗いぞ。どうしたのだ?」

「起こしてしまって申し訳ありませぬ。そろそろ準備せねばならぬようなので……」

 一瞬、言われた意味がわからず、半身を起こした状態で思考を巡らせる。

「………………!」

 結論に達したところで、冷水を浴びたように急激に意識が覚醒し、飛び起きた。

「……倭……!」

「大事ありませぬ。まだ、始まって間もないので……五百里を呼んでくださいますか」

「待っておれ……!」

 クライヴには動揺の色が見えるものの、むしろ倭本人は落ち着いている。普段と変わりない程度に。

「倭様」

 クライヴに起こされてやって来た五百里は、やはり落ち着いた様子で倭に状態を確認する。

「先刻より、何度か波がある……」

「わかりました。今、子取りを起こしにやっております故、今のうちに湯帷子(ゆかたびら)を……」

 支度をするために倭を連れて征こうとしながら、五百里は取り残されているクライヴとヒューズに声をかけた。

「お二人とも。まだ時がかかると思いますので、もうしばしお休みになっていてくださいませ……今のうちに」

 そうは言われても、「はい、そうですか」と眠れるはずもない。そうこうしている内に、『子取り』と呼ばれる所謂『産婆』が二人がかりでやって来た。

「五百里様……倭様のご様子は……」

 突っ立っている男二人になど目もくれず、五百里に様子を訊ねる。

「まだ、それほどの波ではないご様子なので、時が必要かも知れませぬ」

「……ふむ。しかし、何と言うても初産故、早めに整えておくに越したことはありませぬな」

「とにかく、状態を確認しましょうぞ」

 倭が控えている部屋へと女三人が消え、仕方なく、居場所もなく、男二人は部屋で待つことにした。一人でいても、二人でいても落ち着かないことに変わりはなかったが。

「お休みになられていなかったのですか」

 しばらくして入って来た五百里が、黙って座り込んでいる二人に意外そうな顔をした。

「……目が冴えてな。倭の具合は如何した?」

「子取りの見立てでは、開きが足りないようで……まだ、相当、時がかかりますよ?」

 暗に『休んでおけ』と言われているのは理解出来るが、眠ろうとして眠れるものでもない。また、五百里の言う『開きが足りない』と言う謎の言葉も気にはなったものの、何となく嫌な予感しかせず、訊ねることをやめた。

 大きな変化はないまま、屋敷内全体が何となく落ち着かずに時は過ぎ、結局、倭が本格的に産気付いたのは数時間経って後。

 時が訪れ、倭が産屋にこもったのは夜になってからであった。

 ヒューズは日々の己の職務を熟し、クライヴは目にも頭にも入ってこない書を開いているだけの室内。朝が来て、昼が過ぎ、既に夕餉も済ませた頃。

「………………?」

 俄に廊下が騒がしくなったことに気づき、クライヴは本を閉じた。扉の方に目を遣り、様子を窺うと、パタパタと足音が聞こえる。

 腰を浮かしかけた瞬間、ノックもそこそこに扉が開いた。

「倭様が産気付かれました……!」

 五百里の言葉に、心臓を掴まれたように中腰で硬直する。

「最初の予兆から、ずいぶんとかかるものなのだな……」

「人によって差はありますが、何ぶん、初めてでいらっしゃるので……」

 倭が控えていたはずの部屋に向かうと、ちょうど腹を支えた倭が老婆二人と共に出て征くところであった。

「……倭……!」

 クライヴの声に足を止め、ゆっくり振り返る。「大丈夫だ」と言うように頷き、どこか不安気な彼に微かに笑いかけると、しっかりとした足取りで産屋へと入って行った。五百里も倭たちに続く。

「恐らく、これからまた長うございます。どうぞ、お部屋にてお待ちくださいませ」

 その言葉を最後に、クライヴの前で扉は閉じられた。

「……カーマイン様……」

 ヒューズが顔を窺うように袖を引く。

「……ああ……」

 心ここに在らずで答えたクライヴは、ヒューズと共にすぐ手前の部屋で待つことにした。戸を開けておけば、産屋の扉も見える。

 ただ、ひたすらに待つ時間。その日は、朝からそんな状態であったはずなのだが、予兆と本番では心持ちが違い過ぎる。日付を越える頃には、クライヴの無意識の溜め息と、肘掛けを指で叩く音があからさまとなっていた。

(……何も出来ずに待っているだけ、と言うのが、こんなにもどかしいとは……)

 産屋の扉を見つめる。ほんの一枚隔てた向こう側で、今、倭はクライヴには及びもつかない闘いをしているはずであった。なのに、何も出来ずにいる己に、つい不甲斐なさを感じてしまう。

 役目に於いてであれば、敵と対峙している時も、相手を泳がせている時も、待ちの姿勢で焦れたことなど一度もなかった。むしろ、追い詰めている感覚だったそれは、己が主導権を握り、既に詰みの結末が手の上にあるからだった、と言うことに、今、初めて気づき愕然とする。そして、己自身にも。

(……結局、どれほどに強い力や権力を持とうと、男などたかが知れたもの……)

 クライヴは、あのマーガレットでさえ、既に母であった、と言う事実をも認識せざるを得なかった。どんなに華奢であろうと、どんなに儚げであろうと、夫と娘を守るために身を投げ出したあの強さこそが、紛れもなく『女』のものであったのだ、と。

 同時に、それを救えなかったことに対する怒りと悔恨に飲まれそうになる。

「……まだか……倭は大丈夫なのか……」

 何とか気を逸らそうと、無意識の内に声に出していた。

 この数時間、時折、水音は聞こえている。また、五百里や子取りたちの声も聞こえており、倭に声をかけているのは明らかであった。だが、倭自身の声は、一度も、ひと言も聞こえて来ない。その不自然さが、クライヴの心に不安を湧き上がらせた。

(……倭……)

 倭と出逢ってからの、この一年ほどの記憶がひどく鮮明に脳裏を駆け巡る。

 待ちたくない。焦げつきそうな心。

 待つしかない。逆流しそうな血流。

 もう、待てない。破裂しそうな身体。

 ピリピリとする空気を肌で感じる。ヒリつく気持ちを抑えるのがやっとの状態の中、直に夜が明けようと言う頃。

 睡眠不足による物理的な疲労は、この程度であればクライヴには許容範囲内であった。だが、そこに倍々の圧をかけるのが精神的な圧迫である。

 ヒューズは既に沈没寸前の船の如く、椅子に腰掛けた状態で壁に寄りかかりウトウトしていた。かつてない状況に、さしものクライヴもピークを迎える寸前だった、その時。

「………………!?」

 突然、クライヴの耳に飛び込んで来た音──ではなく、それは、声。

「倭様! 産まれましたぞ!」

 仄明るくなりかけた外界に、一筋の亀裂が走るかのような命の息吹と女たちの歓声。

「………………!」

 眠りかけていたヒューズの目は、いきなり最大限に見開かれ、クライヴは無意識に立ち上がっていた。二人は揃って向こう側の扉を見つめる。力強い息吹が聞こえて来る方を。

 歩を進めると、程なくして静かに扉が開いた。硬直するクライヴの目に映ったのは、真っさらな生地にのせられた何か、を抱えた五百里の姿。

「伯爵……」

 抱えていた小さな命をクライヴに差し出す。

「元気な男御子にございます」

 呆然と立ち尽くすクライヴは、後ろからヒューズに声をかけられてハッとし、両の手で小さな命の塊を受け取った。

「………………」

 やわらかい生地の上、まだ濡れた身体に薄っすらとした髪の毛やうぶ毛が張り付き、真っ赤な顔をしている赤ん坊を見下ろす。クライヴの両の掌に収まるほど小さな身体。にも関わらず、思いがけない重みと温もりを感じ、慄く手に震えが走る。

「おめでとうございます」

 クライヴの様子を見ていた五百里の、短いながらも心こもる祝いの言葉。手の中の存在感が現実味を帯びて征く。

「……ああ……」

「では、先に産湯を……」

 ようやく実感したクライヴから、五百里が子を抱き取った。

「……五百里……倭は……」

「少々、お疲れになられてますが、もちろん大事ございませぬ。今、後を終えてお着替えを……」

 そう言って、赤子を抱いた五百里が再び産屋に入る時、中から老婆の「倭様、しっかりなされませ」と言う呼びかけが聞こえて来た。一旦、扉を閉めようとする五百里を留め、クライヴが中を覗くと、すっかり身支度を終えた倭が台にもたれて座り込んでいる。

「倭……!」

 女たちが止める間もなく、足を踏み入れたクライヴが、倭の前にしゃがんで覗き込んだ。一昼夜に及ぶ不眠不休の闘いに、さすがの倭も些か疲れ切った顔をしている。

「……感謝する……」

 短く告げるひと言。だが、全てが込められたそのひと言に、疲れを押し込めた倭が微かな笑顔で応えた。

 動くのも難儀そうな倭を、クライヴがそっと抱き上げると、胸にもたれかかって身体を預ける重みに疲労の強さを感じる。静かにベッドに寝かせ、見つめ合った二人は、ひとつが終わり、新たな始まりに思いを巡らせた。

「カーマイン様……」

 思考を遮断するように呼ばれて振り向くと、何故かヒューズが恐々とした手付きで赤子を抱いている。

「……五百里様から……」

 どこを持てばいいのかわからぬ様子で、フニャフニャした赤子を差し出した。

「……ああ……」

 受け取って顔を見つめ、倭へ差し出すと、同じく我が子の顔を見つめる。

 この時クライヴは、初めてまざまざと思い知らされていた。この小さな赤子に、自分は重荷の全てを背負わせようとしているのだ、と言う痛烈な罪悪感を。そして同時に、同じ程に幼(いとけな)い、もう一人の息子を救うことが出来なかったと言う悔恨をも。

 今さら、どうにもならぬことがわかっていて、それでも己を苛むものたちを。

「……クライヴ……?」

 倭の呼びかけに小さく頭(かぶり)を振る。

「……いや、何でもない。それより、名を何とする?」

 思考も何をも断ち切って訊ねると、倭はもう一度、子の顔を見つめた。

「……零(れい)……」

 しばしの間の後、倭がつぶやく。

「……レイ……どう言う意味だ?」

「ゼロです。全ての起点であり、終わりでもあり、無に近くもあります」

 クライヴが頷くと、倭はさらに続けた。

「……清蓮(せいれん)……」

「……セーレン……」

「清浄なる花……ロータス……」

 視線を子に定め、ひとり言のように囁く倭を、クライヴが静かに見守る。

「この子の名はレイ、そしてセーレンです」

 そう言い切り、再び、クライヴに子を差し出した。受け取ったクライヴが、目の前に我が子の小さな身体を捧げ持つ。

 倭のつけた名を心の中で唱えながら、しばし瞑目の内に思考を巡らせた。

「……ユージィン……」

 つぶやいて瞑目を解き、真正面に子を見つめる。

「……今日から、そなたの名はレイ…………レイ・ユージィン・セーレン・ゴドーだ」

「……レイ・ユージィン・セーレン・ゴドー……」

 倭と同時に、ヒューズも小さくつぶやいていた。

 終わりの宴を司る、東西の伝説が誕生した暁。

 だが、この時のクライヴは、レイと名付けた我が子が、母である倭の力を『引き継ぐ』と言うことの本当の意味を、真に理解している訳ではなく──。

 本当の意味での宴の始まりと終わりには、これよりさらに十数年の歳月を必要とする。
 
 
 
 
 
~終宴の始まり・完/還(めぐる)につづく~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

必殺!スキ♡返し!♡
16

悠凜

ヘッダーは鶏三昧さんから♪  妄想像と小匙半量のエセ理性で出来てます。  目次→ https://note.mu/yuurin/n/nc720b801f541  プロフィールらしき何か→  https://note.mu/yuurin/n/n83e6f527c114

小説『魔都に烟る』

【目次】→ https://note.mu/yuurin/n/nf193445e2279   ☆表紙は鶏三昧さんが描いてくださったローズ嬢です♪☆西洋の魔都と呼ばれた都市をモデルに、不思議な力を持つ男女の闘いとか。東洋の魔都も出て来て、東西新旧神仏魔チャンポンの妄想像モリモ...

コメント4件

こんな時ばかりはクライヴもオロオロなのが、人間らしくて良かった🤗
そういえばクライヴの父母の話が少し出てきましたね。

…外伝の番外編… とか…
本編も好きですがこちらの外伝が大好きすぎて、続き読みたいけど終わってほしくなくて非常に悩ましいです笑
翠さん、ありがとうございます!

クライヴも自分の身じゃないですからね(笑)自分のケガとかなら大ケガでも「騒ぐな。大事ない」とか言ってんでしょうけど🤣

(ガイデンノバンガイヘン……)
あやさん、ありがとうございます!

本編の方、書いたのがかなり前なのでこちらが補足参考資料的になってしまっていて、しかも長いですね( ̄∀ ̄;)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。