「近江の国未来会議」から見えてきた滋賀の学生が今やりたいコトとは?

2016年12月27日に「近江の国未来会議〜僕らが創る新しい滋賀のカタチ〜」というイベントが開催されました。滋賀にゆかりのある学生が主体的に企画したイベントに現在、滋賀で活躍されている起業家、行政関係者、政治家が参加してくださって一緒になって滋賀の未来について議論することができました。当日は第一部、第二部を合わせると70人近い方々が参加してくださり滋賀の熱気を感じるイベントとなりました。今回はイベントの様子を通じて、滋賀の学生は何を考えていて、何を滋賀でやりたいと思っているのかを明らかにしていきたいと思います。

イベント企画・準備

約1ヶ月前からイベント会場の打ち合わせやパネルディスカッションでのパネラーさんとのすり合わせを行って、当日も合計12人の学生スタッフが準備に駆けつけてくれました。

当日の最終確認・・・大丈夫かな・・・

なにやら壁に貼る男たち(笑)

受付は私に任せて!笑

ぞくぞくと参加者の学生が集まってきました!

開始5分前!!緊張してきたなー笑

開会宣言!

滋賀県のイメージってなんだか地味で琵琶湖しかないと思われているのが現状だと思っています。ただ、滋賀にしかない魅力無限の可能性が眠っていることもまた事実です。今回のイベントでは滋賀で面白い取り組みをしている人を知って、滋賀を盛り上げたいと思っている熱い仲間と触れ合うことで少しでも「滋賀のワクワク」を感じてほしい!

アイスブレイク

滋賀にまつわるクイズを◯✕形式で出題しています。滋賀県第二位の観光名所ってパッと言えますか?笑

しかし、さすが滋賀を愛する参加者の皆さんです。なんと、難問揃いの5問全問正解された方もおられて景品として小鮎煎餅をプレゼントしました!

パネルディスカッション

さて、本題のパネルディスカッションですが、学生の僕がファシリテーターとして滋賀で活躍する社会人の方々に聞き入って、会場の参加学生とはGoogleフォームを使ってコミュニケーションを取りながら進めました。

初めてのファシリテーターで緊張中…笑

パネリストとして参加していただいたのが左から立澤竜也さん、竹中美奈子さん、中川亮さんです。立澤さんはデザインという観点から地方の可能性について話していただきました。挑戦する課題が多いからこそ、地方は面白いという言葉が印象的でした。竹中さんはバスケットBリーグ理事という立場からはスポーツによる滋賀の活性化の可能性についてお話して頂きました。レイクスターズというプロバスケットチームを活かして滋賀をもっと盛り上げていけるんじゃないかと感じました。中川さんは政治という立場からお話を頂きました。政治をもっと身近にしていく活動と同時に、政治の限界をビジネスで補おうとする視点も新しい発見でした。

モデレーターの北川さんからはWebの記事を引用した「関わりしろ」の話をいただきました。ソトコトの編集長がおっしゃられている言葉で、関わることができる余白が残っているからこそ地方は面白いということでした。完璧じゃないからこそ、一緒に作っていく楽しみがあるのかもしれません。僕もローカルヒーローになりたい!

(※特設サイトにパネラーの方々やモデレーターの方々のプロフィールが掲載されているのこちらもぜひ)

テーマ別グループディスカッション

次に、「産業」「農業」「スポーツ」「観光」「教育」「グローバル」「イベント」といった6つのテーマに参加者が分かれて小グループを作り話し合いました。1人5分で今後、滋賀でやりたいことを発表して、そのアイディアを他のメンバーでブラッシュアップするという形式で進めました。

滋賀だからできる教育ってなんだろう?

みんなで地元レイクスターズの応援に行って盛り上げよう!

実はミス・ユニバースの滋賀代表の学生も参加していました(笑)

外国人向けに自分たちでインバウンド観光ガイドしたいね!

学生がもっと交流できるイベントを滋賀で開いていこうよ!

若い人が希望を持てる滋賀を政治でつくりたい!

Uターン就職しやすい滋賀にするためには??

滋賀のお酒を観光と掛け合わせてPRしていきたいね!

宣言

このグループディスカッションの後、1人15秒でこれから滋賀でやりたいコトを宣言をしていただきました。この様子はFacebookのイベントページに動画で上がっているのですが驚くほどみんな熱いです。火傷しちゃいます(笑)やりたい事が多すぎてみんな15秒じゃ足りていない様子でした(すみません笑)ただ、僕はこの一人一人の宣言に滋賀の未来に希望を感じました。これだけ故郷の滋賀を愛し、何かを滋賀でやりたい人がこんなにもいるんだと。しかも、学生のアイディアなので実現可能性はまだまだかもしれませんが、どれも「夢」に満ちあふれていました。そして、自分の利益というよりは滋賀全体のためにといったかなり公共性の高いアイディアばかりでした。このアイディアを単なるアイディアとして放置してくのではなく、実行に移していくためにも社会人の方との協力や学生同士での連携が必要になってくると思います。これからが重要!!

これはさっきの壁!!なんと、みんなが議論して宣言したやりたいコトが集まって「滋賀県希望の塔」が出来上がってるじゃないですかー!!

みんながやりたいコト

せっかくなので少しご紹介しちゃいます(^^)

・大学生と高校生とのプロジェクト型授業がしたい(教育)

・母校で自分が体験した留学の講演をする!(教育)

・水ビジネスを滋賀から世界へ!(産業)

・滋賀を様々なアーティストが集まれる空間にする(産業)

・来年から沖島で起業して湖上交通を開拓します(産業)

・2/26にレイクスターズの応援ツアーやります(スポーツ)

・政治を身近に感じられる交流イベント(政治)

・消費者を集めた農業イベントを企画して農家を支援していきます(農業)

・ビワイチを使った観光促進やります(観光)

・学生と地域の人で外国人観光客向けのインバウンド観光案内がやりたい!(グローバル)

・今回のような交流イベントを定期的に開催する(イベント)

懇親会

たっぷりと頭を使った後は、美味しいご飯を食べて交流です。学生はなかなか会えない社会人の方とお話をして刺激を受けたり、新しい視点を得てこれからの活動に役立ててくれるでしょう。

先輩、お注ぎしますね!

カンパーイ

お疲れ様でした!!

うまーーーーい!!

もう少し深くお話きかせてもらえませんか?

いいですね!これから一緒にやっていきましょう!!

参加者の3分ピッチ大会

アートのイベントを滋賀でやるんでみなさん来てください(^^)

いい笑顔ですね〜

あっ、楽しさに気をとられて終電の時間が!!

ということで、最後は仲良く記念撮影!

いい笑顔ですね(^^)

では、また!!と言いたいところですが、、、

ご厚意でお貸し頂いた会場の片付けもしっかりと!

僕らの暮らすこの滋賀は思っているよりも美しい

この言葉は、会場を彩るために協力してくださった「しがトコ」さんからお借りした写真に添えられていた言葉です。何気なく住んでいると見過ごしがちな魅力的な風景を一歩立ち止まって見つめてみる大切さを教えて頂きました。これからも僕たちを育ててくれた滋賀に感謝しつつ、少しでも滋賀に貢献していけたら幸いです。参加していただいた皆さん、協力していただいた皆さん、本当にありがとうございました。次回は2017年3月に開催予定です。お楽しみに!!

ーーー備考ーーーー

今回のイベントのために特設サイトもがんばって作りました!

Facebookのイベントページにイベントの様子を細かく動画で配信しているのでよかったら見て下さい(特にパネルディスカッションと宣言のパートの様子が細かく配信されており、滋賀県知事の三日月様より頂いた応援ビデオメッセージも掲載されています)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Sazanami Yuki

地方創生

地方創生に関する記事です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。