「きみはそのままでいいんだよ」の真意

「きみはそのままでいいんだよ」

言われたことがある人は結構いる気がする。この言葉は自己肯定感が低い人、もっと言うと、こじらせている人に向けられることが多い。言われた本人は「このままじゃダメなのに、変わりたいのに」と思う。

私自身、20歳を過ぎたころからよく言われてきた。そのたびに「どうしてそんなこと言うの?」と苦虫を噛み潰したような顔をした。

そのままでいい――当時の私には、成長しようとするのを止める悪魔の囁きにも聞こえていたからだ。

どうすれば傷つかずにすむのだろう?

きっと誰もが、他人に裏切られたり、失敗を重ねて大人になる。賢い人は反省点を見つけ出し、過ちを繰り返さないようにする。しかし私は「どうすれば傷つかずにすむのだろう?」と考えるようになった。

私のような人にとって「キャラ設定」は便利だ。与えられた役割を演じてしまえば、空気という名の台本を読めばいいだけ。適当にやりすごしていれば、誰からも傷つけられない。

「ここは退屈、迎えに来て」

1人でいるときに、自由に振る舞えればいい。ある意味万能感に近い。他者と距離を置いて過ごすことを自立と勘違いする人も多そうだ。

これはキャラにすがる人だけに言えることではない。例えば「これは違う、あれは違う」と、自分と異なる存在を跳ね除けてしまう人も同じだろう。共通しているのは、自らの心に「扉」を設定してしまう点だ。

でも、その先に待っているのは孤独と退屈。傷つくことを恐れるあまり、感情を凍らせた帰結だ。「本当の自分はどこに?」「消耗してる感じがする」「ここから連れ出して欲しい」「このままでいいんだろうか」。

そんな人に投げられる「きみはそのままでいいんだよ」。この言葉を数年ぶりに聞いたとき、ようやく答えを見つけた。

なんだ、こんなことだったのか

「傷つく心の力」で知られるブレネー・ブラウン教授は、TEDの壇上でこうスピーチした。

人との関係をこじらせることへの恐れが「恥」です。自分が気が付いていないだけで、人と関わるに値しない何か、人から嫌われる、疎まれる何かが自分にはあるのではないだろうか? こんな風に誰もが一度は思うものです。

このような気持ちはすべて自信の無さに裏付けされています。人から認められて愛されるためには「もっと素晴らしい人」にならなければならないという信念から「恥」が生まれるのです。でも、人とこころを通わせるためには、私たちは自らをさらけ出す必要があります

これこそが「きみはそのままでいい」の真意だろう。もっと簡単に言うと「自分に素直になる」こと。

もちろん、誰にでも心を開くのは危険だ。無防備な状態で生きていけるほど世の中は甘くない。だからこそ、相手は選びたい。

そういったときに、"相手に受け入れてもらいたいから下手に出る(尽くす)"のは間違いだ。自己評価の低い私は、下手に出ては承認を他人に求めていた。でも本当は、見返りを求める時点で相手を信頼していないことになる。

相手の社会的立場や価値観の違い。大人になるほどに考えなければいけないことはたくさんある。

SNSにはそんな材料がたくさん散らばっている。誰と仲がいい、こんな価値観、どんなものが好きなのか……。確かに人間性は出るだろう、でもそんなことはごく一部でしかない。

怖がらなくていい、強がったり、見栄をはらなくていい、完璧でなくていい、いい子にならなきゃと思わなくてもいい。

心から信頼してくれる人に、さらけだせばいいのだ。私の目の前にいるその人のその顔が、何よりも純粋な存在。それでいい。

気がついたら…

人は「自分はこういうキャラだから」、「これは違う、あれは違う」と枠をくくっては、不確かなものに正解を求めがちだ。他人と距離をおけば、一人の自由を獲得でき、傷つくこともなくなる。けれどもその先にあるのは孤独と退屈だ。

「迎えに来てくれる」人を見つけて、素直な自分で接してみる。そうすると、一気に視野が開けるのだ。

誰かと向き合うと、予期しないことがたくさん起きる。せっかく作り上げてきた自分が壊れてしまうかもしれない。でも大丈夫。壊れたところで誰も咎めない。

かつて「もう済んだと決めつけて、損したことありませんか? 閉ざされた扉開ける呪文 今度こそあなたに届くといいな」と宇多田ヒカルは歌っていた。私にとっては、その呪文が「きみはそのままでいい」なのだろう。

この言葉は必ずしも成長をとめる甘言ではなかった。

予期できてしまう未来ばかりなんて退屈だ。だから人は誰かとコミュニケーションをとるのだろう。扉を開けてもらうために。

気がつけば、自己肯定の話が他者との関わりの話になっている。でも、きっとこれがすべて。

Photo credit: Reiterlied / FlickrCC BY-NC-SA

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

282

嘉島唯

メンタルヘルスケア系記事まとめ

つらいときもいつでも見れる、更新されるwebおまもり。生きる上で励みになるような記事、こころのケアにつながるような記事を集めているマガジンです。 ご自身の状態にあわせて、無理なく読んでいただけたらうれしいです^^ マガジンに込めた思いはこちら👉 https://note...
8つのマガジンに含まれています

コメント5件

大変興味深く拝読しました。ありがとうございます
自信がなくて苦しくてたまらないときに拝読しました。心の重りが取れたみたいに軽くなりました。大切に何度も何度も読みたい記事です。ありがとうございました。
そうおっしゃっていただけますと、とても嬉しいです。いろんなこと考えて自信がなくなっちゃう。でもきっと世の中は自分で考えてるよりずっとシンプルなのだと思います。
ブレネー教授のTED、日本語字幕探して観ました。失敗することはこわいけど、やってみなくちゃ感動もない。日々を楽しむことにします〜。ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。