あるひとつの世界の終わりについて

ひとつのSNSが終わる。Pathだ。

クローズドSNSをコンセプトに、繋がれる人数は50人(今は150人になった。クソが)しかいない。承認制で繋がり、Facebookのような「投稿にスレッドがつくタイプ」のSNSだ。

作ったのは、Napsterのショーン・ファニングとFacebookの元幹部。2010年、どんどん繋がり行く世界に対して、閉鎖的な世界を打ち立てた。

背景だけで、このSNSがどんなに素晴らしかったのかよくわかる。当初は広告もなく、「親しい人たちと深く繋がる」ことを徹底していた。

呟き、動画、写真、位置情報、聴いてる音楽までシェアできる。シンプルなデザインから「スルー」に対しても寛容な雰囲気があった。

閉鎖的であり、ゆるかった。TwitterとLINEを足して2で割ったような世界。

私がこのサービスを使い始めたのは、もうかなり昔のことだ。スタートアップ系の人たちに勧められたのがはじまりだった。

思春期からネットで友だちと過ごし、そのノリで社会人になった人にはうってつけだった。

Twitterで呟けば炎上したり、揶揄されたり、余計な心配をされたりするようなことを、仲間内だけに共有できる場所。

ちょっと過疎っているのが、さらに魅力的だった。流行っていないのに「Pathを使う」人たちは、似た境遇の人が多かった。秘密を持っていて、寂しがり屋で、仕事が大好き。Twitterは住民が多すぎる。

私がここで繋がっているのは8人。映像、アニメ、テレビ、イラスト、編集、メガベンチャー……それぞれが違う仕事と能力を持った友人たちだ。

「20連勤でつらい」
「最近仕事が調子いい」
「プレゼン落ちた」
「アイディアが浮かばない」
「今回はダメだった。反省」
「もっとこういう仕事増やしたい」
「彼氏(気がつけば夫になった)とうまくいかない」
「これはフラグ?」
「彼氏できた」
「推しのここが神々しい」
「メンタル不調」
「惚気ていいですか? 惚気ます!」
「これってどうして炎上してるの?」

ともすれば、「ミサワっぽいw」とか「ネガティブなこと言っても意味ないよ」「忙しいアピはちょっと…」と言われなくもない。でも、ここではそういう無神経な正論は言われない。信頼できる友人しかいないし、スルーもできるからだ。

Pathの投稿は、自慢でも自虐でもなく、ピュアな自分だ。

違う仕事に携わっている人たちも、同じように足掻き、くだらないことで悩んでいる。その様が見えるだけで私は元気付けられた。

仕事のコラボもいくつか生まれていた。取材先をつないでもらうこともあったし、一緒に作品を作る人たちもいた。極めてインターネット的な生態系があったように思う。

何度も何度も、Path民には助けられた。悲しんでいるときは歩み寄ってくれ、不安さを共有でき、放っておいてくれる。

彼ら彼女らと「実際に会う」機会は少ないけれど、まるで戦友のような、しっかりと結ばれる安心感があった。

ゆるいからこそ、近づける。そして適度な距離感があった。

Pathは10月18日にサービスを終了する。どうやら過去ログはダウンロードできるようだ。ユーザーたちは、新しいクローズドSNSを求めて移住をはじめた。そのことを、Pathで報告しているのだから面白い。

繋がれる友人数が増えたり、広告が導入されたり、改悪アップデートを見るたびに「終わりのはじまり」を感じなかったわけではない。それでもサービス終了のその時まで、まるで19日を迎えるかのように、Pathは平然とそこにあるのだろう。

この心地よい世界が終わるとき、一体どんな景色が見えるのか。静かに終焉の日を待っている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

121

嘉島唯

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

1つのマガジンに含まれています

コメント3件

こんばんは。素人の感想として聞き流してください。世界はいつでも自分で作れます。自分で切り開く世界は楽しいです。
この記事を読んでなければサービス終了に気づかなかったと思います。助かりました。ありがとうございます。私は、息子が幼少期の頃に家庭内のコミュニケーションツールとして妻と2人で使っていました。写真や動画は別の場所にもあるのですが、それらに付記したコメントにも愛着があったので10月18日までに気づけて良かったです(コメントへの返信までバックアップされているかは確認できてないですが)。noteのおすすめに掲載されていた別の記事経由でたどり着いたので、ある意味note編集部にも感謝です。いずれにしてもありがとうございました。Pathはいいサービスでしたね。私も好きでした。
Pathは本当に良かった。制限された中で自由を謳歌するのが醍醐味なんだと思う。ボクシングだって、リングの外に出てしまえばただの殴り合い。たぶんぼくたちにはリングが必要なんでしょうね。いきなり世界を開かれて、はいどうぞって言われても絶句してしまう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。