アイキャッチ

【プログラミング】それぞれの言語はどんな役に立つのか?初心者による、初心者のための記事

「このプログラミング言語は、一体どんな風に役に立つんだろう」
「その言語によって、例えばどんなものが作られているんだろうか」

プログラミング初心者の方にとって、こういったことはよく分かりませんよね。
僕は最近プログラミング学習を始めたのですが、これらがさっぱりでした。

どんな役に立つか、どんなものが作れるのか、こういったことは知りたいですし、知識として持っていれば学習のモチベーションにもなると思い、今回調べてみました。

そして、せっかくなので、僕と同じようなプログラミング初心者の方にも共有したいと思い、この記事を書くことにしました。

サクッと読めるように頑張りましたので、ぜひ読んでいってもらえればと思います。


HTML、CSS

目的:ホームページをつくる
具体例:あらゆるWebサイト

Web系のプログラミングを扱う際には必須の知識で、使いこなせる前提で話が進むものです。

HTMLは文章の役割ごとに目印をつけるため、CSSはHTMLで作った要素を装飾するスタイルを指定するための言語です。

Webページのデザインは、基本的にCSSで記述することができます。


JavaScript

目的:ホームページ上で何かしらの動作をさせる
具体例:ボタンを動かす、詳細検索画面を開く、など

Web上で動作するプログラミング言語で、バックエンドの開発に使用されます。
これもまた、Web開発に関わるなら学習は必須です。

型のない言語であるため、ミスを見つけて修正するのが難しいために扱い難いとされています。

ただし、かなり速いペースでアップデートされているということなので、将来においても重要な言語であり続ける可能性は高いです。


jQuery

目的:ホームページ上で何かしらの動作をさせる
具体例:クリックしたら画像が入れ替わる、マウスオーバーした要素がアニメーションnように動く、など

JavaScriptのライブラリで、JavaScriptをより扱いやすくしたものです。
本来であれば煩雑なプログラムの記述も、jQueryを使うことで少ない記述で実現できます。

JavaScriptで何十行にもなる記述が、ほんの数行で済んでしまうこともあります。


PHP

目的:Webアプリのサーバー側を構築
具体例:FacebookWikipediaYahoo!、WordPressなど

Webアプリで使うことを目的として作られた言語です。
そこに特化されているため、多くのWebサイトはPHPで作られています。

FacebookやWikipediaは、誰もが知っていますよね。
これらはPHPで作られているようです。


Ruby

目的:開発を面白く、かつ効率的にするためのWeb系言語
具体例:クックパッド食べログ、GitHubなど

日本で生まれたプログラミング言語です。
そのため日本語の情報が多いということで、日本人にはとても都合が良いですね。
英語のように解読することができるため、初心者にも人気です。

Rubyは、Webアプリケーション開発のための言語です。
また、次にご紹介するRuby on Railsというフレームワークによって、人気を博しました。

クックパッドや食べログなど、これまた有名なものがRubyで作られているようです。


Ruby on Rails

目的:Rubyのフレームワークで、ストレスなくプログラミングを楽しむためのもの
具体例:AirbnbTwitchHulu

Rubyが人気を博すキッカケとなったフレームワークです。
プログラミングの快適性を追求したもので、習得しやすいのが特徴です。

共通タスクを容易にするツールを備えています。
そのため、スタートアップ企業は好むようです。

AirbnbやTwitchなど、またよく耳にするものが出てきました。
意外と身近なところに具体例がありますね。


Python

目的:デスクトップアプリやWebアプリケーション開発、データマイニングにも
具体例:GoogleYouTubeInstagramなど

昨今では、人工知能の開発に使われることが多いことで有名です。
コンピュータサイエンスやデータ解析、生物情報学などでも使われます。
研究機関とデータサイエンティストに人気だということです。

とにかくコードがシンプルなので、初心者にもオススメとされます。
また、アメリカの一流大学では、言語学習の導入段階において最も学ばれているみたいです。

最近はとても人気なので、これからも力強く成長していくと考えられています。

Googleはこの言語を好むみたいですね。
僕たちが普段使っている、いわゆるネットは、Pythonで構築されていたみたいです。

Instagramもということで、この言語は特に身近でしたね。


まとめ

とても有名で、かつ僕の興味のあるプログラミング言語をいくつか調べてみました。
意外と身近なところで使われたりしていて、テンションが上がりました。

僕はまだプログラミング初心者なので、学習はなかなか難しいですが、こういう知識を持っているとモチベーションを維持できそうです。

というわけで、今日もプログラミング学習がんばります。

Twitterでは、日々の学習の報告や、お役立ち情報を発信しているので、もしよかったらフォローしてもらえると嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関連用語

フロントエンド:ユーザーが見て操作する側、クライアント側(ブラウザ)で動作するもの、HTML、CSS、JavaScriptなどを記述する

バックエンド:サーバー側で処理が行われるもので、データベースへのアクセス、ファイルへのアクセス、合計金額の計算など、Rubyなどで記述する

ライブラリ:使いたい部品が入っている道具箱

フレームワーク:全体の処理の流れが実装されており、その中の一部の具体的な処理を自分で実装して、はめ込めるようになっているシステム

スクリプト言語:習得するのを簡単にするために工夫されたプログラミング言語の総称
JavaScript、Python、Ruby、PHPなど

デスクトップアプリ:パソコンのデスクトップ画面で動作する従来型のアプリケーション
WordやPowerPointなど

Webアプリケーション:インターネット(ウェブ)などのネットワークから利用するアプリケーションソフトウェア。Webサーバー上で動作し、普段ホームページを見るのに使っているWebブラウザで操作する
YouTubeやGmail、Skypeなど

Git:バージョン管理システム

GitHub:GitのHub(ハブ:拠点・中心・集まり)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

ゆうや

とある理系大学生。プログラミング学習を頑張っています。定期的に、キャッシュレスで得した記録も発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。