【3】「ゼロ」→「100万PV」に成長する過程で、webメディアがクリアしなければならない、3つの関門。(前編)

第一回は「記事テーマ」の話。第二回は「記事タイトル」の話をした。これらのコンテンツはライター向けである。(第一回 第二回

第三回の本記事は対象は「ライター」ではない。ライターだけではメディアは成り立たず、アクセスを稼ぐために必要なのは「メディア運営技術」だ。

そこで今回は「アクセスを伸ばすこと」について、Books&Appsのアクセス成長履歴をもとに書いてみたい。


Books&Appsは、2013年の2月3日に初の投稿を行った。カスタマイズの必要が発生するかもしれない、ということと、ドメインを育てたいという観点から、CMSはWordPress、独自ドメインを使い、外部ブログサービスの利用は見送った。

当時のライターは私一人で、初の投稿は「これからブログを始めます」だったと記憶している。

私はライター経験もなく、メディアの運営ノウハウも所持していなかったため、稚拙なメディア運営だった。だが、「メディアをやるからには大きくしたい」と、運営上いくつかのルールを設定した。それが、次のルールだ。

この続きをみるには

この続き:4,083文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
隔週でインターネット上における 「webライター」 「webメディアの運営者」のためのノウハウを発信します。 詳細かつテクニカルな話が多いので、一般の方向けではありません。

ビジネスマガジン「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSに...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!感謝いたします。
37

安達裕哉

ビジネスメディアBooks&Apps管理人の安達です。 人の能力について興味があります。企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働者と格差。 定期購読マガジンでは、メディア運営、メディアマーケティング、制作過程の裏側を詳細にお伝えします。

webライターとメディア運営者の、実践的教科書

ビジネスマガジン「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度