見出し画像

【甲子園・友情の給水】は美談ではないと思うnote

こんばんは。yuya工房です。

お盆過ぎたら、ちょっと秋の気配を感じるのですが気のせいでしょうか?

さて、私にとって最高の作業用BGM・ひろゆき動画

フランスから配信される彼の動画は暇つぶしにもってこい。

ヘタなTVやラジオよりよっぽど面白い。

昨夜の回はタイトルから刺激強め。

第2次大戦において、日本兵は物資が切れた凄惨な状況になっても投降せず、上官の命令を文字通り『死守』した結果、その死因1位は餓死だった。

この話を強靭な精神力の日本兵を象徴する美談だと思いますか?

美談と思う方にとってはここから先、気分を害するようなことを言います。

美談と思わない派の方だけ、この先を読み進めてください。








つまり、日本軍を一番殺したのは、アメリカ軍でもソ連軍でもなく、日本軍自身だったんです。(ソースはひろゆき動画ですが)

冷静に考えたら、こんなに馬鹿げたことはないでしょう。

悪く言えば従順で同調しやすく思考停止しやすい

それが多くの日本人が持つ性質だと思うのですが、どうでしょうか?

私自身にも思い当たるフシがありますねぇ・・・

====

時代は飛んで、昨日の話。

高校野球でこんな一幕があったそうです。

スポーツマンシップに溢れる、素晴らしいエピソード

会場からは拍手が沸き起こったとのこと。

では、もう一度問いたい。

これは、美談でしょうか?

美談だと思う人ほど、最後まで私の意見を読んでみていただきたいです。










確かに、ドリンクを手渡しに行った選手は本当に素晴らしい機転と、観察力と、行動力と、度胸と、優しい心だと思う。


・・・でも、それはそれ。

この一件は断じて、美談なんかじゃない。

高校生に、こんなことをさせなければならない状況を作ってしまっている、高校野球ファン全員が反省すべき案件だと思うのです。







明らかに昔とは気候が変わってきている2019年夏の炎天下で野球の試合をやる意味ってなんなんでしょう?

みんなが見たいから、ですよね。

誰ともしれない『みんな』が若さを搾取して、青春の汗と涙の感動ストーリーを消費しているのです。

対価無き過酷な労働を高校野球ファン、ひいては日本全体が強いているようなもんじゃないですか?

あまりに大きなコンテンツ、誰もが好意を持つエンターテイメントになり過ぎていて、誰も止められない。

冷静に考えれば、例えば、時期をずらすとか、ドーム球場でやるとか、色々アイデアはあるはずなのに、気づいていないか、気づかないフリ。

だから、肘が壊れるまで投げろなんて暴論が出ても擁護派と否定派の議論が成立してしまうのです。

そんなの本来、議論にすらならないはずですよ。

構造としては、新聞社のプロパガンダが餓死するまで投降できないメンタリティの日本兵を量産したのと変わらないですよ。


海外ではここ数年、記録的熱波で死人が出ていますよね。

マウンド上で、アルプススタンドで誰かが死ぬまでやるんですか?甲子園?


社会全体をおおう『非合理』『根性論』の結果、過労死やブラック企業がはびこり、オリンピック運営もトンチンカンになる予感しかない

誰か、夏の東京湾でのトライアスロン開催に対してNoと言えなかったんでしょうか?

なんだよ、デュアルアスロンって・・・

====

ドリンクを渡した仙台育英の彼は監督に確認せずに、自分の思いで、行動に移していたそうです。

自分で考えて、正しいと思うことをやる。一番賞賛されるべきポイントはここですよね。

彼を見て、感動したなら、やるべきことは発信しかないでしょう。

10年前なら『新聞社が悪い』『高野連が悪い』そういう言い訳もできたのかもしれませんが、もうダメでしょ。

なんせ、情報化社会。もうすぐ5G。

発信しましょうよ!

というわけで、私の意見に賛同いただける方はぜひぜひスキ・シェアしていただけると嬉しいです

今日は幾分かセンシティブな内容になりましたが、今日発信したいと思った気持ちを発信しました。

明日もお会いしましょう!

おやすみなさーい

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

LIKE yeah⤴︎(LINE pay風)
6
好きなものを、好きなときに、好きなだけ 電子工作、IoT、AI、読書、レザークラフト、株式投資、一人旅、写真、ブログ、毎日note更新・・・ 32歳しがない田舎の会社員、遅まきながら色々チャレンジしています! https://www.yuyakobo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。