見出し画像

「君、変わってるね」

「変わってるね」
物心のついた頃から、私は度々その言葉と対面した。
ある時は笑いながら、ある時は呆れた様に、
そしてある時は神妙な面持ちで。

私の前にいる「誰か」は、当たり前の様にその言葉を口にする。

「変わってる」恐らく貶しているわけでも、
だからと言って褒めているわけでもないのだろう。

だけど悪気のないその言葉は、
「君と私は違うみたい」という無言の線引きの様な気がして、
私とその人との間に、赤い三角のコーンを、コツンと無造作におかれた様な気がして、私はその言葉を聞く度に、なんとなく悲しかった。

春の兆しが夜にかき消された肌寒い金曜日、いつものように「変わってるね」と言われた私は「そうかな」と首を傾げて見せて、それでも尚「うん、確かに変わってる」と言い切るその人に、「そうかもね」と笑いかけた。

ようやく満足そうに頷くその人を見つめながら、私はまた静かに、「変わってる」ってなんだろう。という疑問について、ぽつり、ぽつりと考えるのだ。


そもそもその言葉を口にする「その人達」は、誰を基準に話を進めているのだろう。私を「変わっている」というその人にとっての「変わっていない人」って、一体どんな人を言うのであろう。

普通【いつ、どこにでもあるような、ありふれたものであること。他と特に異なる性質を持ってはいないさま】

辞書をひけばつまり、定められたレールの上を忠実に走りながら、脱線することなく、真っ直ぐに「無難」に生きている人を「普通」つまり、「変わっていない」と定義するらしい。

確かに。
私はいつもレールに従って進むことを嫌い、人とは違う道に進みたがった自覚はあるから、そういわれてみれば私は、「変わっている」のかもしれない。

だけどそんなことで?そんなことで私は、「君と私は違うみたい」って線を、ひかれなきゃいけないのであろうか。

どうして線をひきたがるのか。どうして「普通以外」を排除したがるのか。


ああ、そうか。と、思った。

「変わってるね」
私を「異色」としてその人の中で処理することで、「その人達」はきっと、安心しているのではないだろうか。


その人達が忠実に従ってきた「レール」から逸れたところにいる私が楽しそうに、幸せそうに過ごしていることは、きっと恐ろしいことだから。


私が「変わっているからだ」と納得することで、自分を納得させる。
「この人だから」幸せなのだ。「この人は、変わっているから」…


きっと人は、自分と違う人に対面すると、恐ろしくなる。
自分が「普通」であるという信念が、揺るがされるからである。

だから「変わってる」と定義することによって安心する。
「自分」を肯定する。


なんだ、そうか。だとしたら。

「ありふれた」ものであると認められる必要などない。
「変わっている」といわれても、自分を否定する必要などないのだ。


そう決めた私は、なんとなく心が、軽くなった。
「変わってるね」
次にそう言われた時は、心の底から喜んで、「ありがとう」って、笑ってそういえそうな気がする。

Yuzuka

#コラム #普通

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

64

yuzuka

いろんなメディアで連載したり、対談したり、記事を書いたりしたのち、peek a booの編集長になりました。(https://peek-a-boo.love/)言葉のお仕事ください→yuzuka.yuzuki.mari@gmail.com ☆@yuzuka_tecpizza

「心の痛み」と「世界の生きづらさ」を取り除く

イタリアのデザイン集団『アーキズーム』の共同創設者マッシモ・モロッツィは、性質の相反する素材を組み合わせて「矛盾」に満ちた世界観を体現する製品を数多く生み出した工業デザイナーだった。そんな彼の言を待つまでもなく、この世界の真理は常に「理不尽」であり、公平かつ公正な世界などと...
1つ のマガジンに含まれています

コメント3件

美大に行くと「普通だね」は低評価の言葉です。
人とかぶらない発想に価値があるので「変わってるね」は誉め言葉です。
だからきちんと育って常識を持ち合わせた友人は、「普通」から抜け出せず悩んでおりました。
社会的には絶対彼女の方がいいのに。
ところ変われば悩みも変わるもんですね。
はじめまして。自分も良くそう言われるので、コメントをさせていただきました。
自分が変わっていることに優越感を感じる一方、他人と違うことに劣等感を感じるという気持ちは、yuzukaさんは持っていませんか?
言われてもそれでいいかって思うと、魅力と捉えてくれる人が現れると思うんですよ。
やることがあるから、自分の心と体で生まれてきたってそう思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。