親を施設に入れること

よく、「親を施設に入れるなんて可哀想!自分で介護するのが親孝行!」なんて言葉を聞くのだが、私はこの意見に断固として反対である。

私自身、患者さんへの介護にはなんの苦痛もない。下の世話も、認知症による暴言も、全て愛しい。

これはこの場所で、よく話してきたことである。

この話をすると

「そんな優しい人がいるはずがない!偽善だ!」「赤の他人にそこまでの愛情、かけられるはずがない!」

なんて言葉を浴びせられることがあるのだが、
その言葉は、全然的を得ていない。

何を隠そう私は、他人だから、なんの苦痛もなく介護ができるのだ。

因みに彼の両親の介護は、ばっちこいだ。
同居でもなんでも大歓迎。
彼自身が事故にでもあって介護を必要とするようになったら、それも請け負う。

でも、それもこれも、「元はと言えば他人だから」という前提。

これが「肉親」となると、話は別なのである。

自分の親がオムツで排泄し、娘である自分のことも忘れ、認知症で徘徊し、人様に迷惑をかける。

そんな状況になったとき、真っ先に現れるのは「身内としての情けなさ」という感情だ。

いくらそれが「認知症」だと分かっていても、どうしても「両親である」というパーソナルな部分と、切り離すことができない。

「どうしてこんなことが出来なくなってしまったの」「どうして人に迷惑をかけるの?」

肉親の介護というのは、想像以上に、そのようなどうしようもない感情が付きまとう。

それは介護する側だけの問題ではない。
介護される側も、身内にオムツを変えてもらうのと、「プロの他人」にオムツを変えてもらうのとでは、心の持ちようが違うのだ。

「身内」だからこそ、優しくできない。
「身内」だからこそ、割り切れない思いが、そこにある。

看護師をはじめとする現場のプロは、患者さん自身と、全ての事柄を切り離して考える。

「オムツを外して便でシーツを汚す」
という事柄1つとっても、それは「認知症の症状」であり、必要な業務は「シーツ交換」であり、今後の再発防止のために「カンファレンスが必要」という事実のみで構成され、それ以外の感情は、あまり湧き怒らない。

それが身内となると、
「オムツを外して便でシーツを汚す母親」というひとつの大きな悲劇的な出来事となり、家族を襲う。昔の母親と比べて悲観したり、苦しくなったり、怒りがこみ上げる。

現場で働く人たちにとって、その対応は「業務」であり、プライベートは別にあるという点も重要だ。
プライベートで「介護」をするというのは、自分の生活の基盤が著しく崩れる。スイッチの切り替えさえできない。常に「介護と向かい合わせ」という状況は、想像をはるかに超えて、厳しい。

もちろん、全家族がそうだとは思わない。
訪問看護やデイサービスを取り入れながら、自宅での介護をうまく行っている家族も、数多く存在する。

しかし、未だにある「施設に入れることは親を見放すことだ」という考え。「それは他人への押し付けだ」という間違った認識は、取り除いてほしい。

実際問題、介護施設の「足りない」度合いは、近年話題になっている「保育園待機児童問題」
と同等、いや、もしかするともっと、深刻さを増している。

簡単に施設に預けることができず、自宅で介護という手段をとっている方も数多く存在するであろう。

「限界を感じるのなら、介護施設に入れると良い!」なんていう言葉は、簡単に言えないような状況があるのは、重々承知である。

それでも「自分が介護することこそが親孝行で、それ以外は親不孝だ」という思い込みに苛まれ、介護のストレスに限界を感じている誰かがいるのなら、身内以外の「プロの手」に頼る手段を見つける勇気を持ってほしい、と、切に願う。

介護者のストレスは、される側にも伝わるものだ。

私は、肉親の介護はしない。
きっとうまくできないと思うからだ。

これはすでに両親も了承済みで、入る施設の目処もつけてある。(まだまだ若いが)

お互いに傷つけあう結果を招くのであれば、施設に入ってもらい、プロの手の中で穏やかな日常を送り、その中で面会日を増やした方が、うんとお互いのためになる。と、思えるのだ。

楽になることは、逃げることではない。
お互いの幸せのために「離れる」というのも、ひとつの方法なのである。

介護疲れによる虐待や殺人、自殺が増えるこの社会で、間違った「正義感」に蝕まれる人が、少しでも減ってほしい。と、思う。

yuzuka

#コラム #介護 #親

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

91

yuzuka

Vita et Mors ―生と死の哲学―

memento mori...

コメント1件

「精神科の闇」で少し触れましたが、母は今の私の年齢でアルツハイマー病になっていました。私は結婚し実家を出ていましたが、最初は近くの私の家に孫を見に来ているうちにいつしか道に迷うようになり、そのうち徘徊が始まり実家に残っている弟と何駅も探し回ったことしばしばです。そして大便を壁に擦り付けるようになり遂に病院を探すこととなりました。幸いにして入院出来ましたが、そうでなければ弟は結婚もできず母の面倒に一生追われていたでしょう。日々ともに暮らさない他人には何年もの辛いプロセスを経ての結果ということ、そして寝たきりではない認知症の扱いにくさ・・それでつい怒鳴ってしまい自己嫌悪に陥る等々、経験しなければわかりません。そしてそれらをどっぷりと経験するとその疲れや絶望感から病院に入れるエネルギーはなくなって負の連鎖に陥るかと思います。手遅れです。yuzukaさんの仰る事隅から隅まですべて納得です。(yuzukaさんみたいにうんち塗りつけられても愛しいと思って下さる看護師さんに看てもらえばいいでしょうが・・・)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。