インド日誌・その17

部屋で名残を惜しみながら、
チェックアウトの時間となりました。
 
宿泊券はチャリティーオークションでの落札チケットだったので、
アクティビティと食事の分を精算し。
 
「このあとどうするの?」
「飛行機は何時なの?」
と聞かれました。
 
実は、
飛行機が夜中の11時45分だったんです。
 
それを伝えると、
「ええ!?じゃあそれまでどうするの!?」
 
と。
 
ハイデラバードの街を観光しようと思ってることを伝えると、
 
「どうやっていくかわかる?どこにあるかわかる?」
 
と。
 
実は、
全く分かってませんでした(笑)
 
すると、
 
「今ドライバー付きのツアープログラムを作ってあげるから待ってて」
 
と。
 
えーーー、そんなことしてくれるの!?
でも、お高いんでしょー?
 
なんて思いながらも、自力では行けないので待つこと数分。
 
・チョウモハラパレス
・チャールミナール
・博物館
・ゴルゴンダフォート
 
という、
ハイデラバード旧市街地の
有名な歴史的観光スポット4箇所を、
ドライバー付きで半日かけて回ってくれるプランを作ってくれました。
 
それがなんと、5000ルピー。
 
約、7500円です。
 
30分タクシーに乗ったら4000ルピー請求された友達がいるようなこのインドという国で、
半日観光ツアー5000ルピー。
 
もう感動ものです。
 
20000ルピーくらいは覚悟してましたからね。
 
即答で、お願いします!
 
と。
 
 
そして僕たちは宮殿を後に。
 
バラの花びらのシャワーの中、
エントランスの階段を降り、
カートに乗って大きな門まで。

画像1

そこにはトヨタの綺麗な車があり。
丁寧な運転手さんとともに、
車で出発。
 
タージファラクヌマパレスを後にしたのでした。

画像2

最初に向かった観光スポットは、
チョウモハラパレス。
これもまた本物の神殿です。
 
ハイデラバードの街を、
クラクションの嵐の中走り抜け、
たどり着いた駐車場。
 
そこで、運転手さんから、
「無料でトヨタをジャガーにアップグレードできるけど、どうする?」
と。
 
これ、怪しい話でもなんでもなく、
タージファラクヌマパレスの偉い人が、
出発時に僕たちに教えてくれてたんです。
 
「コンプリメンタリーなんとかかんとかアップグレードなんとかかんとか」
 
って。
 
主旨としては、
「今すぐは手配できないんだけど、あとで無料で車をアップグレードできるから、どこかで追いつかせるね」
ということでした。
 
が、
運転手さんが言うには、
「運転手も交代になるんだけどね」
とのことなので、
「じゃあトヨタのままでいいです」
と伝えてドライバーさんに観光ツアーを続行してもらいました。
 
実は、
綺麗なトヨタの車が走ってるだけで、
街中で結構注目されてたんです。
 
それがジャガーになったら、、、
ちょっと、緊張しちゃうかも、と思いまして(笑)
 
それに、せっかく運転手さんとも仲良くなりましたしね。
 
写真はチョウモハラパレスです。

画像3

画像4

画像5

画像6


インド日誌・その1
インド日誌・その2
インド日誌・その3
インド日誌・その4
インド日誌・その5
インド日誌・その6
インド日誌・その7
インド日誌・その8
インド日誌・その9
インド日誌・その10
インド日誌・その11
インド日誌・その12
インド日誌・その13
インド日誌・その14
インド日誌・その15
インド日誌・その16
インド日誌・その17
インド日誌・その18
インド日誌・その19
インド日誌・その20
インド日誌・その21
インド日誌・その22
インド日誌・まとめとお礼


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

才能をマーケティングする嬉業コーチ・中野太智

卓球とお酒と肉料理が好き。TCS認定コーチ。合同会社ワイワイマーケティング代表。セルフコーチング+コンセプトメイキング+セルフマーケティングの可能性を沢山の人に届けたい。抽象度が高いのが課題。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。