競馬キュレーションサイトを作るよ!#8

今回はPHP7.3、Apache2.4、MySQL8のインストールをしていきます。
前回作成したユーザz80aでCentOSにログインしてるものとします。

スケジュール
1. 各メディアを調査
2. システム構成を決める
3. 開発環境を作る ← 今ここ
4. プロトタイプ作成
5. 実装
6. テスト
7. 公開

PHP7.3インストール

インストールにはrpm(redhat package manager)とyum(Yellow Down Updater Modified)を使用します。
どちらもパッケージ管理ツールですが、yumは依存するパッケージ関係を解消してまとめてインストールしてくれる便利な機能を持っています。

最初にGPG(GNU Privacy Guard)キーをインポートします。
GPGキーはダウンロードするアプリケーションが正しい配布先からかどうかをチェックするために使われます。

[z80a@localhost ~]$ sudo rpm --import http://vault.centos.org/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
[z80a@localhost ~]$ sudo rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

ダウンロード元を示すリポジトリを設定。

[z80a@localhost ~]$ sudo yum install epel-release
[z80a@localhost ~]$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

次にPHP7.3と関連するライブラリをまとめてインストール。
なお、これらのライブラリはいつでもyumコマンドで追加・削除することができます。

sudo yum install -y --enablerepo=remi-php73 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-xml php-mcrypt php-mysqli php-zip

すべてのインストールが完了したら、「php -v」で確認してみます。
こんなメッセージが表示されたらOK。

[z80a@localhost ~]$ php -v
PHP 7.3.7 (cli) (built: Jul  3 2019 11:30:22) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.7, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

Apache2.4インストール

Apache2.4をインストールします。
と思ったら、すでに最新のものがインストールされていました。
やったね。

[z80a@localhost ~]$ sudo yum install --enablerepo=remi-php73 httpd
パッケージ httpd-2.4.6-89.el7.centos.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
何もしません

MySQL8インストール

事前にMySQL8用のyumリポジトリをインストールします。

[z80a@localhost ~]$ sudo rpm -Uvh http://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-3.noarch.rpm

最新のリポジトリは以下のページの「Red Hat Enterprise Linux 7」を参照のこと。

MySQL :: Download MySQL Yum Repository

yumリポジトリのインストールが済んだら、MySQLのyum install。

[z80a@localhost ~]$ sudo yum install mysql-community-devel mysql-community-server

で、確認。

[z80a@localhost ~]$ mysql --version
mysql  Ver 8.0.16 for Linux on x86_64 (MySQL Community Server - GPL)

インストールが完了したら、次にMySQLを起動して初期設定を行います。
MySQL起動。

[z80a@localhost ~]$ sudo systemctl start mysqld

現在のrootパスワードを確認しておきます。

[z80a@localhost ~]$ grep password /var/log/mysqld.log
2019-07-09T10:26:56.979494Z 5 [Note] [MY-010454] [Server] A temporary password is generated for root@localhost: mVYan?=j.0H=

mysql_secure_installationで初期設定を行います。
最初に聞かれるパスワードは先ほど調べたもの(私の場合ならば「mVYan?=j.0H=」)を入力します。
新しいパスワードは8文字以上で大文字・小文字・数字・記号が1文字以上含まれている必要があります。
私は「Iz[E3uz=U8」としておきました。

[z80a@localhost ~]$ sudo mysql_secure_installation --use-default

Securing the MySQL server deployment.

Enter password for user root:

The existing password for the user account root has expired. Please set a new password.

New password:

(中略)

All done!

初期設定が終わったら、先ほど変更したパスワードでMySQLにアクセスしてみます。
以下のようにMySQLにログインできたらOK。

[z80a@localhost ~]$ mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 11
Server version: 8.0.16 MySQL Community Server - GPL

Copyright (c) 2000, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> quit
Bye
[z80a@localhost ~]$


これでMySQLのインストールと初期設定が完了しました。
MySQLでもLaravelからアクセスするためのユーザを作成する必要がありますが、そっちはLaravelをインストールした後にします。

まとめ

今回はPHP7.3、Apache2.4、MySQL8のインストールを行いました。
次回はcomposerでLaravelをインストールします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

絶対に世のため人のためにはせず、くだらないことに使わせて頂きます。

謝謝
1

Z80A

見た目は大人、中身はZ80Aくらい。 職業:インチキプログラマ

競馬キュレーションサイトを作るよ!

Laravelを使って競馬情報収集システムを構築します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。