ジャキーン__1_

現役ナースに聞く!海外旅行に持って行くべき薬

今回3ヶ月セブに滞在するにあたって、持っていくべき薬を準備しなきゃ!と思い立ったものの、何を持っていけばいいのかいきなり詰んだので
看護師が本業のナースあさみに買い物に付き合ってもらったよ。

唯一ポイントカードを持っているトモズへ。(ちなみにCAMPFIREの近くだよ)

今回選んでもらうにあたって伝えたポイントは以下。

・風邪はあまりひかないけど、ひくとしたら喉からやられる
・偏頭痛がやばい
・生理痛はピルを飲んでるから無い
・できれば薬はあまり飲みたくない(そもそも)

その上であさみがチョイスしてくれたものを紹介してくよ!

これだけは持っていくべき薬

①葛根湯

葛根湯は液体だと添加物が入ってる場合があるので、顆粒タイプがおすすめらしい。

ちなみに味や匂い(シナモン、生姜系)が苦手な人はオブラートに包んで飲めばOK!

あと、葛根「湯」ってつくくらいだからお湯で飲むものかと思ってたけど「普通に水で飲んでね」ってことでした。

②ペラックT錠

喉がやられやすいってことで勧めてもらったこちら。龍角散のど飴もセットで買うといいらしい!

③バファリン

偏頭痛もちの強い味方!
生理痛のときもこれを飲めばOKだから一石二鳥(?)だよね。

ちなみにバファリンにした理由は単に私が飲みなれてるからで、イブでも他のものでも全然OK。

④太田胃散

現地の食事が合わないときや、海外生活でストレスで胃が…ってときの強い味方。ありがとう。いい薬です。

その他持ってったほうがいいもの

①ポカリスエット

粉末タイプのポカリスエットは、説明書には水1ℓに対して1袋とあるけど、2ℓに対して1袋、常温の水に溶かしてで飲むのがおすすめらしい。

また、上で挙げた薬の中に風邪薬がないのは、風邪をひいたら葛根湯を飲んでポカリスエットを飲めばOKだからだそう。

ちなみに食事は消化のいいものにすることが大事らしい。

私は風邪をひくと気合い入れて直さなきゃ!って思ってカツ丼を食べるんだけど(インフルになったときもまずはカツ丼を食べた)、それは駄目って言われたから次回からは気をつける。

あと、熱があるときはあたためたほうがいいの?冷やしたほうがいいの?論争があるけど、寒いときはあたためて、あついときは冷やすってのが基本

ちなみに熱は2,3時間であがりきるらしい。

②冷えピタ

熱が出て冷やしたい!ってときはピタっとね。

頭、脇、鼠蹊部にでっかい血管が通ってるから、その部分に貼ると効果的だそう。

③絆創膏

絆創膏はノーマルなもの(安い)と修復機能のあるもの(高い)の2種類買っておくのがベター!

ということで、最低限持ってくものが用意できたよ〜〜〜!!!

さすがナース、テキパキしすぎててわずか10分で終わったわ。(私がポイントカード探すのに手間取ってなかったらもっと早く完了した)

これで向こうで体調崩してもかんぺきだぜ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくださったあなたには、こじらせ人間に絡まれないよう念力を送ります

43

篠原舞(まいち)/writer

こじらせ女子とかゴリゴリ系女子とか言われてるけど、単なるジャニヲタです。

セブ留学という名の荒野

2019年1月6日〜3月30日まで、箕輪編集室とQQEnglishさんのプロジェクトでセブへ語学留学することに。 しかし!もはや出発前から色々詰んでる。そんな進捗を大公開していきます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。