仮想通貨と法定通貨の間、ステーブルコインとは何ですか

仮想通貨は2018年初頭の熱狂からの価格急落、Coincheck・zaifの国内取引所のハッキング事件を通して世界中から一通りの投機熱が冷めた頃合いです。仮想通貨の技術的側面であるブロックチェーン技術に対しての期待感も、ガートナーハイプサイクルでいう幻滅期に入ったと言われています。

「ビットコイン?あの価格が乱高下するやつね。手を出さなくて正解だったわー」なんて方が多いんじゃないでしょうか。確かに私もいろいろとベットした結果、全盛期と比較して外車1台分くらいは資産が減りました。
そんな中、資産のデジタル化という面で注目しておくべき現象が起こっています。それは「ステーブルコイン」の存在です。今日はこの名前だけでもおぼえて帰ってくださいね。

通貨が社会にとって有益であるためには、下記3つの要素が必要と言われています

1)取引の媒介

2)価値の保存

3)価値の尺度

ビットコインは 1)取引の媒介 としては、プラットフォームを問わず普遍的な通貨としてインターネット上でのデジタル決済に使われるという革新性を持っています。反面、価格が乱高下するため、2)価値の保存、3)価値の尺度としては機能していません。
1BTCの価格が乱高下する理由としては、「ビットコインの価値を担保するものがマイニングによるビットコインネットワークの堅牢性(ハッシュレート)である」という性質から「いや、つまりそれはおいくらなんですか」というのが世界中の誰も厳密にはわからないことからきています。
前置きが長くなりましたが、1)インターネット上で利用できるデジタルアセットでありながら2)3)特定の価値担保を持たせる、というコンセプトの元に生みだされた仮想通貨がステーブルコイン(stable coin)です。

USD Tetherとまとわりつく疑惑

ステーブルコインの中でもっとも認知度が高く、流通しているのがTether Limitedが発行するUSD Tener(通称USDT)です。

これはイーサリアムネットワークで稼働するトークン(要は仮想通貨)でありながら、Tether Limitedの保有しているドル資産を裏付けとして、1USDT≒USDという価値の担保(ドルペッグ)がされています。

Tether LimitedはBitfinexという世界最大級の取引高を持つ仮想通貨取引所の子会社であり、ビットコインの取引高の大部分はBTC/USDTペアで占められています。これは数千億ドル相当に及ぶ顧客資産の担保を、中央銀行でもない私企業の保有資産に裏付けている構造であり、Tether社の信用力には常に仮想通貨トレーダーの間で疑惑が投げかけられてきました。

2018/10/13時点は、Bitfinexからの一時的なドルでの出金停止のニュースを受けてTether社のデフォルト疑惑の騒ぎが起こったことからUSDTは売り込まれており、本来1ドルにペッグされているはずの価格が、1ドル未満で取引されるという現象が起こっています

その他のステーブルコイン

NYの信託機関であるPaxos Standardが、USDTと同様のドルペッグトークンPAXを発行しました。差別化のポイントとして、ニューヨーク州金融サービス局の監査を受けていること、Withumという監査法人がPAXと現金預金口座との同一性を月一で監査して報告することによって信用を担保すると謳っています。

世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceではUSDT⇄PAXの取引ペアを扱い、先ほどのUSDTの不信感から、ドルペッグトークンなのになぜか値上がりを続けるという不思議な現象が起こっています。

他にも、True USDというステーブルコインは、イーサリアムのスマートコントラクト(機能)によって、裏付け資産との均一性(パリティ)を透明化したものもあります(TUSDの発行をブロックチェーン上で誰もが監査できる仕組み)。

いろいろあるよステーブルコイン

仮想通貨を裏付け資産として価値担保するDAIや、独自のアルゴリズムが供給をコントロールすることによって価格の安定をはかるBasis、Sagaなどなどたくさんあります。このへんまでくるとマニアックですが、調べていくとまあまあおもしろいのでよろしくね。

日本でもGMO社が日本円にペッグしたGJYというステーブルコインを発行する旨の発表が先日ありました。

これも日本円(日銀)の信用力を傘に、一企業が通貨発行をするという構造で、本質的にはUSDTと大差ありません。他にも主要銀行3社は三菱UFJによるUFJコイン、SBIのSコイン、みずほ銀行によるJコインなどを開発中とのことです。

ステーブルコインの価値は法定通貨と本当にイコールなの?

1ドルと≒(ニアリーイコール)になる前提で設計されているステーブルコインですが、その価値は法定通貨の1ドルと完全にイコールになることはありません。現段階では、仕組み上 法定通貨と比較してほんのり価値が低くなると考えられます。理由は下記3つ。

・ステーブルコインには金利がつかないため、法定通貨を所持していることで付与される金利分だけ価値が低いことになります。

・前述のTether疑惑のように発行主体の信用低下によって価値が漸減する現象が起こるため、カウンターパーティーリスク分だけ価値が低いことになります。例)GMO社の倒産・ハッキングのリスク

流動性リスクの勘案。ペッグされている法定通貨に対して、ステーブルコインの流動性は高くありません。仮にアメリカに大恐慌が発生してUSDの価値が大きく下がった際、ステーブルコインを保有している人たちはUSDペッグのステーブルコインから、仮想通貨や他国の通貨へ資産を逃がそうと考えます。その際、法定通貨と比較するとステーブルコインの出来高・総発行料は非常に少ないためいた取引において不利な金額での為替を強いられる可能性があります。この流動性リスク分、ステーブルコインの価値は法定通貨よりも低く見積る必要があります。

まとめ

このように、ステーブルコインを新しいお金として考える際は、デジタル通貨の利便性と、アセットクラスとしてのリスクを天秤にかけることになります。お金2.0や3.0を考える際に、仮想通貨と法定通貨の橋渡しとして、重要なポジションを閉めてくることは間違い無いので、ステーブルコインを巡る今後の動向をウォッチしておくことは非常に重要です。

フィンテックを巡る経済関連で他にこんなnoteでこんな記事を書いています。


ブログも書いてるので、ぜひ読んでください!
https://dethjpn.org/



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

た、種もみが~~~

あざす
18

zahaplan

仮想通貨

2つのマガジンに含まれています

コメント1件

初めまして。
投資情報サイトGogoJungleを運営しています株式会社ゴゴジャンの韓と申します。
弊社からのご依頼が重複していましたら大変申し訳ございません。
Noteを拝見いたしまして、是非とも商品を弊社で出品できないかと思いご連絡をいたしました。
https://www.gogojungle.co.jp/
ご興味をお持ちいただけるようでありましたらお問い合わせください。
何卒よろしくお願いいたします。

株式会社ゴゴジャン 韓
kkan@gogojungle.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。