アリバイ仕事は、するのも見るのも嫌いだ

会社員時代、僕が部下に怒ったのは、次のことをしたときだ。

・アリバイ仕事で、ただ単に「やった」だけ
・その場しのぎの発言で、「今後やります」とか言って、結局やらない
・「権限がないからできない」や「妨害する人がいるからできない」など、自分以外のせいにする(そういう人は、障害をとりのぞいてあげて「さあどうぞ。やっていいよ」と言うと、また別のできない理由を考え出す)

ただ、世の中の会社員にはそういう人が多いのかもしれないと気づき、この一年(会社員でもないのに)、愕然としている。

日本のおじさんって、結構やばいな。

僕たちには、「仕事だから」という理由で納得してはいけないことがたくさんある。

例えばサービスを提供する側なら、お客様のことを忘れてはならない。

そう、当たり前というやつだ。

でも、社会人経験が長い方ならおわかりの通り、会社の指示が世の中の当たり前とはズレることがある。

何十年もそんな思考をしていたら、そりゃあおかしくもなる。

絶対無理な人は、放っておいても会社員を辞める。

僕は、ザ・会社員みたいな人は、会社を辞めなくていいと思う。

アリバイ仕事をするフリーランスとか、ほんとにギャグになってしまうから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

はっはっは
1

ソレオ人通信

「それおもしろいね」な人生を手に入れるためのmagazineです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。