「楽譜のコピーをしてしまう」という人々

※追記

別に個人あてに書いたわけではないのですがタイトルの修正リクエストがあったのでやんわりさせました。

今日は忙しかったり眠かったりでほとんどツイッターを見てなかったのですが、夜になって見てみたら何やら界隈が楽譜のコピーの話題で穏やかではない。

何かあったのかなとさかのぼってみると、どうやら糾弾されている元だと思われるツイートがありました。その人の主張を見た僕の理解としてはこんな感じ。

1. 著作権については理解している
2. だけど社会人の一般の吹奏楽団はお金がない
3. 演奏する楽曲全ての楽譜を買っていると財政破綻する
4. だから楽譜のコピー
を取り締まらないで

うん、「ちょっとなにいってんのかわかんない」というサンドウィッチマン状態ですね。著作権理解してないじゃないかっていう意味で。

以前僕がやっているサイトのWind Band PressというところでJASRACの方に吹奏楽事情に特化してインタビューしました。

▼ 【インタビュー】音楽著作権について学ぼう~特に吹奏楽部/団に関係が深いと思われる点についてJASRACさんに聞いてみました
https://windbandpress.net/4673

こういう記事をちょいちょいリマインドして、音楽著作権の重要性、特に違法なコピーをするのはなんでダメなのか(要は違法なコピーなわけですから法律違反なのです、民事請求もありえるし刑事罰もあります)というところで啓蒙活動を続けている身としては結構ダメージを食らう発言なのですが、これが現実なのでしょうし、それに対して「そんなやつは音楽やめちまえ」と糾弾しても解決にはなりません。

他にも、プロの音楽家が知り合いの作家さんに「演奏してやるんだからタダで楽譜よこせ」とか言っているケースも耳にしました。そういう人には「今すぐプロやめろ」としか言えないんですが(クズ・オブ・クズなので)、今回のようなアマチュアの社会人吹奏楽団の場合、地域には彼らの演奏活動を楽しみにしている方もいらっしゃるでしょうから、じゃあどうすれば楽譜を違法コピーせずにちゃんと購入できる楽団運営につなげられるかという話をしてみましょう。「著作権を理解しているが違法コピーしたい」という摩訶不思議な人を正論で糾弾しても多分心に届かないでしょうからね。

この続きをみるには

この続き:2,117文字

「楽譜のコピーをしてしまう」という人々

梅本周平

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
53

梅本周平

ONSAの屋号で個人事業主として吹奏楽や管楽器打楽器を中心に、情報サイト「Wind Band Press」、楽譜出版の「Golden Hearts Publications」、セレクトショップ「WBP Plus」などクラシック音楽関連の事業を行なっています。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。