見出し画像

全日本吹奏楽コンクールをYou TubeでLive Streamingしたらどうだろうか、という話

前々から言われているけどなかなか実現しないこととして、「全日本吹奏楽コンクールのテレビ中継」ってのがあります。全日本吹奏楽コンクールの主催は(確か)朝日新聞と全日本吹奏楽連盟なので、テレ朝なんとかならんのか、っていう話で。(前に高校の部だけやったかもね)

高校野球なんかでも甲子園は地上波でライブ放送されますし地区大会とかはローカルTVでやってたりしますよね。僕が高校生当時住んでいた町田市のケーブル局でも放送していて、普段とても温厚な友達の猛烈なピッチングに見入っていたものです。(打たれまくってたけど)

で、まあ地上波が何らかの理由で難しいならYou Tubeでライブストリーミングしたらいいんじゃない?って話。高校野球と高校吹奏楽(まあ全日本吹奏楽コンクールは高等学校だけじゃなくて中学から大人まであるんだけど)の違いといえば音楽の部分かなと思います。著作権が絡んでくるのでとても大変なイメージ(野球応援でも音楽使われますけど)。どうせあとからブルーレイで発売されるのでビデオグラムとしての複製などの手続きは必要なのでしょうが、JASRACのサイトをみる限り、企業による配信でも同時中継ストリーム配信の場合はインタラクティブ配信の手続きだけで済みそうです。ただし吹奏楽の場合、著作権が消滅している吹奏楽オリジナル作品ってのはほぼないんじゃないかと思うしそんな古い曲だと現代の編成に合わないので演奏されないでしょうし、外国曲も多いので、外国曲の場合は作品ごとに確認(手続き)を取る必要があったり、場合によっては結構なお金が必要になるかも知れません。とはいえよほどのことがない限り「お金を払っても出来ない」ってことはなさそうです。

なので「You TubeでLive Streaming」したらいいじゃない、Doすればいいじゃない、と思うのです。

知らない競技や文化活動に興味を持つことは難しいです。例えば野球に興味がない人はテレビのプロ野球中継は見ません。だいたいバラエティ番組やってたりする時間帯だし。ただ夏の高校野球はちょうどヒマな季節にちょうどいい時間にテレビでやっているので、家族の誰かが見ている可能性大、そして気づけば自分も見ている可能性大、そして気づけば自分も高校野球ファンになっている、ってことはあるかと思います。相撲なんかもそうですね。最初は別に相撲好きじゃなかったけどカーチャンが毎日テレビで相撲見てるからそのうち自分も興味を持ったりする。

あとから販売するブルーレイとかCDとかの売上に影響が出るんじゃないか、つまりライブストリーミングしちゃうと売上が落ちちゃうんじゃないか、という企業側の考え方もあるかもしれないのですが、僕は逆だと思うんですね。クローズドな世界でやっている限り、商品を買うほどのコアなファンの数は、減ることはあっても増えることはないんじゃないかと思うんです。ターゲットをおおまかに整理してみます。

この続きをみるには

この続き:1,883文字

全日本吹奏楽コンクールをYou TubeでLive Streamingしたらどうだろうか、という話

梅本周平

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
4

梅本周平

ONSAの屋号で個人事業主として吹奏楽や管楽器打楽器を中心に、情報サイト「Wind Band Press」、楽譜出版の「Golden Hearts Publications」、セレクトショップ「WBP Plus」などクラシック音楽関連の事業を行なっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。