「本番になると実力の半分しか出ないんですよね」と言った後輩と僕との話

僕は高校大学と吹奏楽部に所属していて、それぞれ最上級生になったときに「同じ学年にそのパートの最上級生が僕しかいなかった」というトホホな理由でパートリーダーをやらせていただいてました。大学の時はクラリネットでしたけど僕より上手でしっかりしてる後輩は沢山いたので彼らに任せればいいじゃんと思ったのですがなかなか世の中うまくいかないものです。

ある時、僕らの学年の最後の定期演奏会に向けての練習だったのかなんなのか記憶は定かではないですが、おそらく本番が近い時期の、夜の合奏(隠微に聞こえますが文字通りの意味です)が終わった後、雑談混じりの居残り個人練習をしている時に、フルートの後輩がこんなことを言ってきました。

「僕、本番になると実力の半分しか出せないんですよね」

この続きをみるには

この続き:1,220文字

「本番になると実力の半分しか出ないんですよね」と言った後輩と僕との話

梅本周平

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2

梅本周平

ONSAの屋号で個人事業主として吹奏楽や管楽器打楽器を中心に、情報サイト「Wind Band Press」、楽譜出版の「Golden Hearts Publications」、セレクトショップ「WBP Plus」などクラシック音楽関連の事業を行なっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。