一人でロングトーンしてるときは綺麗な音が出るのに合奏になるとロクな音にならなかった彼がソロを任されるまでになった話

昨日のnoteでも書いたのだけど僕は大学時代吹奏楽部でクラリネットを吹いていて、四年生の時にパートリーダーになりました。後輩の数は20人くらい、同期は休部中の子が1人。実質大家族の面倒を1人で見る、という状態。まあそんなの無理ゲーだったので3年生には勝手に育ってもらおうと思ったのですけど(すまんかったね)。

僕と同じように大学からクラリネットを始めて、僕が四年生の時に二年生になった男子学生がいました。ちょっと風変わりな感じでしたが真面目で熱心でひたすらロングトーンをしてた印象があります。一年生に上手な子がたくさん入ったので彼にも焦りがあったのか、ロングトーンの音は日に日に良くなっていって、ロングトーンをしている時の音だけはかなり綺麗な音が出るようになっていましたね。

だけど合奏になると彼の綺麗な音は全く聴こえない。貧弱な音がヒュルリラと鳴るだけです。なんでそうなっちゃうのか、本人にも尋ねた気がしますが、彼が何と答えたのかは忘れてしまいました。おそらく譜面を間違えないように吹くので精一杯だったんじゃないかと思います。それは僕も大学からの初心者組なのでよくわかる。クラリネットの譜面は黒い。こちとらヴァイオリンの代わりじゃねえんだよふざけんなと何度も思いましたが、吹ける人は音質はともかくパラリラと軽快に吹いているので、やれば出来るんでしょうけど、それでも初心者には辛いものがありました。

この続きをみるには

この続き:1,700文字

一人でロングトーンしてるときは綺麗な音が出るのに合奏になるとロクな音にならなかった彼がソロを任されるまでになった話

梅本周平

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
3

梅本周平

ONSAの屋号で個人事業主として吹奏楽や管楽器打楽器を中心に、情報サイト「Wind Band Press」、楽譜出版の「Golden Hearts Publications」、セレクトショップ「WBP Plus」などクラシック音楽関連の事業を行なっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。