見出し画像

クラシックレーベルが作るCDの未来

先日、僕がやっている小売店(ネットショップ)のブログでCDという媒体についての記事を書きました。
https://ameblo.jp/wbpplus/entry-12473239643.html

録音を発表する媒体が確実にCDからストリーミングに流れている時代に、それでもCDを売るのはなぜかという話を書いて、そこでも触れたのですが、正直なところ、このまま「今まで通りのCD」を作っていては厳しい。

代わり映えのしないジュエルケース、ペラペラでテキストばかりのブックレット、そのくせ(枚数が出ないこともあり)定価は上がっていく。それだと小売店としては売りにくい、そしてリスナーとして買う理由がない、そんな要素しかありませんよね。

CDという物理媒体だからこそのアーティスティックな、物理的な表現としての媒体としてCDを捉え直しましょう、というようなことを書いたのですが、それはそれとして、じゃあどうするか、ってことを少し考えてみました。

この続きをみるには

この続き:726文字

クラシックレーベルが作るCDの未来

梅本周平

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1

梅本周平

ONSAの屋号で個人事業主として吹奏楽や管楽器打楽器を中心に、情報サイト「Wind Band Press」、楽譜出版の「Golden Hearts Publications」、セレクトショップ「WBP Plus」などクラシック音楽関連の事業を行なっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。