#デストルコ 2日目 イスタンブール〜カッパドキア

今日は、イスタンブールのアタテュルク空港からカイセリ空港へ国内線で移動。 英語力が絶望的な私は、異国の国内線というものを心底心配していたのだけど、スムーズにチェックイン完了。というのも、このアタテュルク空港はターキッシュエア以外の航空会社カウンターがほぼ無いのだ!迷いようがない。成田よりわかりやすい!

国内線にチェックインした後にあるフードコートがとてもよかった。トルコ料理のデリやおしゃれなお土産がたくさんある。内装も可愛かった。後悔すべきはここに来る前に適当なカフェで腹を膨らましてしまったこと…そしてせっかくだし!と欲張ってこのフードコートでお腹が120%に膨らむまで食べたが、機内食にまさかの可愛らしいランチボックスがついていたこと…(さすがに食べられなかった)

カイセリ空港までの飛行時間は1時間半程度、そこから宿泊先のギョレメまでは、タクシーで移動することに。昨夜の事があったので疑心暗鬼気味だったが、タクシー乗り場の看板にもしっかり印字されている「一律180リラ」(約9000円)に安堵。バスを乗り継ぐと1人40リラくらいでギョレメ行けるのだが、豪勢なタクシーも4人だと一人頭45リラと変わらない。ご飯も交通費もシェアできて、4人というのは旅にナイスな人数だなぁと改めて思う。

担当の運転手は近くの大学の生徒で、かなりのイケメンだった。奇形の岩と砂で覆われた土地に伸びる道を、安心感ある運転で快適に飛ばす。途中、人数分の500mlの水をサービスしてくれた。イスタンブールの陽気で軽くてテキトーなノリの人々とは全然違う、清楚な雰囲気のおもてなしにドキドキする。珍しいEDMを聞いていたので、「これはトルコで有名な曲ですか」と聞いたつもりが、彼には「トルコの有名な曲をかけてくれ」と伝わってしまい、民族音楽的なのをかけ直してくれた。違うそうじゃないと思いつつも、トルコの民族音楽と、砂と岩だけの広大な土地のドライブが妙にマッチしてて良かったなぁ。140キロくらいのスピードが出てたけど、あまりに周囲に何も無いので怖くなかった。気分はマッドマックスの冒頭、フュリオサが逃亡せんとトラックを飛ばす荒野!私たちを乗せたタクシーが急にコース・アウトしたらどうしよう、この物静かなイケメンが突如豹変してワイルドになっちゃったりしたらどうしよう、とソワソワしながらも、まぁそんなことはなく、結果、1時間かかると言われた道のりを40分ちょっとで到着。

ギョレメでは、洞窟ホテルのアナトリアンハウスに宿泊。ガイドブックに絶対載っている、メジャーな洞窟ホテルだ。全室スウィートの中でも一番広い、キングスウィートの一室を予約している。宿泊先を決める打ち合わせの時にちょうどbooking.comでセールになっていて、1人頭8000円程度だったのだ!ラッキー!明日の朝の気球ツアー、日中のツアー、深夜のパムッカレ行きのバス、これらを全て片言の英語でホテルのポーターと常駐のツーリストに手伝ってもらってなんとか手配完了。ひと安心。気球ツアーは人気なので定員が早めに埋まってしまうそうで、ギリギリだった。日本で手配しておいた方がベターかもしれない。

気球ツアーはひとり150ユーロ(約19000円)、日中のツアーはタクシー貸し切りで指定の場所を巡ってもらうツアーで100ドル(約12000円/1人頭3000円)、深夜のパムッカレ行きのバスは40リラ(約2000円)と単位がバラバラで困惑する。トルコの観光地は欧米人向けな為、現地の人が利用しないような高額なサービスはドルかユーロ換算が多いようだ。

まだ日が暮れていなかったので、ギョレメ国立公園へ。ホテルから徒歩で20分程。この辺は、ニョキニョキそびえる奇岩達や達やはるか向こうまでの砂の大地が、荒廃的な世界を連想させて格好良かった。砂煙をあげて走るバギー、そのむこうの馬、道ばたのラクダ……まさにマッドマックスの世界まんまじゃないか!!!タクシーでも薄々感じていたけど、まさかここまでとは。「#デストルコ」というハッシュタグでインスタグラムに写真をアップしていた我々の気持ちの高揚たるや。

夜はCave Restaurantでディナー。道すがら「ギョレメで一番いいレストランだよ」と言われた通りとてもおいしくてお上品!昨日から待ちに待ってたツボ入りケバブ「テスティケバブ」をいただく。昨夜のカジュアルなレストランのように陽気なお兄さんがカンカンやって手拍子しながらツボを割るのではなく、お上品に割っていただきお上品にいただいた。美味い。ここでもよく食べ、よく呑み、酔っぱらう。

酔っぱらって犬や猫とたわむれながらホテルに戻り、ハイテンションのまま水着に着替えてホテルのプールに入ってひと騒ぎして「静かに」と注意される。てるちゃんにビッグタイム(箸が転がっても可笑しい状況)が訪れる。しばにゃんが足のつかないプールに怯える。わたしが平泳ぎでひと溺れする。部屋のジャグジーで吉田を囲んでハーレムごっこをする。あぁ、面白かった!

就寝。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

デストルコ

デザイナー友達4人で、トルコに5泊7日で行ってきました。 イスタンブール〜カッパドキア〜パムッカレです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。