見出し画像

漫画家限定の確定申告代行サービスを実務担当者が紹介します

はじめまして。ナンバーナイン(以下、no9)でCS(クリエイターサクセス)チームの一員であり、事務全般を担当しており、これから紹介する確定申告代行サービスの実務をメインで担当している、沢(ざわ)といいます。

一番好きな漫画は久保帯人先生の『BLEACH』です。色々な力を持つ主人公・黒崎一護を見習って、CSが死神の力、事務が虚の力、確定申告代行サービスが滅却師の力……という感じでポジティブに捉えて、色々な業務を担っています。このまま『BLEACH』の話を無限にしたいくらいなのですが、今回は、弊社の確定申告代行サービスについて紹介させていだたきます。

漫画家の皆さんは、まず「確定申告」と聞いてどう思うでしょう?

「面倒くさい!」

「自分でできるけど時間がかかる!」

「丸投げしたら高い!」

これらの感想を抱いた方に満足していただくべく、no9の確定申告代行サービスはあります。

以下の順番で紹介していきますので、長いですがよろしければ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

漫画家さん限定です!

タイトルの通りになりますが、まず初めにお伝えしたいのは、no9の確定申告代行サービスは、対象者を漫画家さんに限定したサービスである、ということです。

商業・同人に関わらず漫画を描くことで収入が発生している方が対象になります。アルバイトをしながら漫画を描いている方、会社員として働きながら漫画を描いている方など、漫画以外のお仕事を兼業で行っている方でも、もちろんご利用いただけます!

2018年分からスタートしたので、今年が開始2年目となるまだ若いサービスですが、1年目にして50件超のご利用がありました。例えば有名な雑誌ですと「ジャンプSQ」の連載作家さんにも1年目から利用していただいています。

今年は既に70件近くの申込をいただいています。(2019年7月末現在)

すでに多数ご利用いただいていますが、目標は「漫画家さんが世界で一番多く利用する確定申告代行サービス」に成長し、継続していくことなので、もっと色々な人に知れ渡ってほしいです。

税理士さんが対応するのに安い!楽なのに青色申告!!

漫画家さんにとってのメリットは安いし、であるということです。

まず、安いという点から。

最安のプランが年額84,000円+消費税です。

当たり前のことですが、税理士さんが確定申告を行います。no9には税理士さんが在籍していないので、外部の税理士さんと提携して、このサービスをやらせていただいています。その点はまず、ご安心ください!

※安いとは言っても、昨年から4,000円値上げさせていただいたので、昨年からご利用の皆さん、値上げしたにも関わらず継続してご利用いただき本当にありがとうございます。

個人で税理士さんにお願いして青色申告のしっかりした形で確定申告を行うとなると、一般的な相場では15万円〜20万円と言われています。(※ 特例対応でもっと安いところはあるかもしれませんが、あくまで一般的な話です。)

もう1点、なんです。しかも青色申告です。一番多くメリットが受けられる複式簿記の形式でやらせていただきます。

現物(支払調書、領収証、クレジットカードの明細など)がないと作業ができません。なので、no9宛に送っていただきますが、この時に必要なのは

茶封筒やクリアファイルに月毎にだけ分けて送る

以上です。

届いた領収証などの細かい分類は私たちが頑張ります。

会計ソフトだと年額2万円程度で自分で確定申告できるものがあるようですが、そのために要する時間やストレス、そして何より税理士さんが確定申告を行う安心感と天秤にかけてご相談いただきたいです…!

※青色申告の申請は毎年3月15日前後で締め切っているので、2019年は既に申請をした方しか青色申告を行えないのはご注意ください!

なぜ安いのか?

提携している「いぶき総合会計事務所」様に、no9の漫画家の皆さんを支えたい、という想いにご賛同いただき、限界まで料金を下げていただきました。

今年はいぶき総合会計会計事務所さま以外の税理士事務所にも複数ご賛同いただいており、最大300件の確定申告を行わせていただきます。

※もし税理士の方がこのnoteを読んでおり、「協力したい!」と思っていただけたら、まずは私までご連絡をお願い致します。

使ってほしいけど…

実は、この確定申告代行サービスは使わないほうがいい漫画家さんもいます。

それは、青色申告の申請をしていない漫画家さんです。

※実際に応募があった漫画家さんにも「白色申告ですか?青色申告ですか?」とお聞きして、白色申告の場合はメリットがそれほど無いので利用をご検討ください、とお伝えしています。

ギリギリまで安く設定した84,000円という料金以上のメリットを、白色申告だと受けにくいからです。

青色申告だと「青色申告特別控除」というものが受けられ、所得から最大65万円控除して確定申告が行えるのですが、白色だと控除は受けられません。

ただし、白色申告で当サービスをご利用いただいた方には「来年以降、青色申告で確定申告できる申請」を必ずセットで行います…!

青色申告の申請ってどうしたらいいかわからないよ!という方がいましたら、2019年分は白色申告になりますが、今年からご利用を検討いただけると嬉しいです!

※また、法人化している漫画家さんも対象外です。会社なので個人がおこなう確定申告ではなく、会社として決算が必要なためサービスの対象外になってしまう、という理由です。

申し込み方法

申込専用のGoogleフォームから!

弊社代表・小林のbosyuページから!

私のTwitterアカウントにDMをください!

①は正式にご利用いただく漫画家さんが投稿するフォームであり、本名などの記載も必要になりますので、「まずは話だけ聞いてみたい」という方は②③がおすすめです。利用するかどうか決めていないのに、大切な個人情報を弊社に提供する必要はありませんので…。

※どの場合も、初めてご利用する方には必ず30分程度時間をいただき、口頭(電話、Skype、LINE通話のいずれか)で、資料を一緒に見ていただきながら、あらためてサービスの説明を行います。その上で、現時点での疑問・質問を聞き取らせていただきます。

上記のような、パワーポイント形式で30枚程度にまとめた資料を、最終的な利用の有無に関わらず、ご反応いただいた方に提供させていただきます!

ご注意

青色申告だと最大65万円〜という記載をしましたが、65万円が戻ってくるわけではありません。仕事で使用した経費も同様で、いくら計上しても戻ってくるものではないです。

各漫画家さんが来年支払う税金が、収入・支出に合わせた適切な額になるように確定申告を行います、という意味ですので、その点だけは事前に覚えておいていただけると幸いです。

おわりに

商業誌で大活躍中の漫画家さんにメインのイラストを描いていただいた、LP(ランディングページ)が間もなく公開予定です…!

イラストをチラ見せして終わります…!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よろしければTwitterのフォローもお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

沢_ナンバーナインCSチーム

ナンバーナイン(https://no9.co.jp)のCSチームメンバー兼、事務全般兼、確定申告代行サービス実務担当です。 弊社サービスの紹介や、漫画の感想などを書きます。 好きな漫画『BLEACH』『7SEEDS』『ワールドトリガー』『スキップとローファー』など

一億総「社長」「復業」時代の働き方と経営術

アーティストもデザイナーも、科学者もエンジニアも、漫画家も著述家も音楽家も役者もゲーマーもアスリートも、そして子どももシニアも、目指せ「独立自存」。😃✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。