見出し画像

5秒で読める!『今昔物語』マンガ

『今昔物語』第二十六巻二十二話を簡単に絵にしてみました。

右上からスタートです。

【簡単な解説】

登場人物は3人。

・・・人に依頼されて加持祈祷を行い、生計を立てている。

若い女主人・・・道中、疲れている僧を見て、家に招き入れる。その頃、夫から浮気を疑われていた。

女主人の旦那・・・日頃から女主人の浮気を疑っていた。僧と女主人の姿を見て、浮気現場であると勘違い。憤慨し、勢いそのままに僧を殺してしまう。もちろん捕まる。

【趣旨】

まことにつまらぬことから、三人の人間が、一生をふいにしてしまったのである。世の人は、身分の上下を問わず、身の知らぬ民家などには、理由もなく、たとえちょっとのあいだでも、立ち入ってはいけない。

思い込みはとても恐ろしいもの。思い込みで生まれた負の感情によって、全く関係のない誰かを傷つけたり、または誰かに傷つけられたりすることは多々あります。

自分の思い込みを一度、冷静になって疑ってみること、思い込みに巻き込まれないように危機管理能力を高めること。大事だと思いました。

SNSに敏感になってから、ますます周囲に振り回されるようになった気がします。心の余裕を作ることは現代に生きる人間の最重要課題ですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけましたら、コンビニのカフェラッテを飲みます!そして執筆活動に励みます♡

ありがとうございます♡
1

zawa

人間は、もっと自由に自分の人生を選べるはず。 思ったこと、感じたこと、素直に綴ります。 大学生/ミニマリスト/趣味は料理
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。