「なぜ?」からはじめる学習戦略|スタートアップに入って圧倒的な速さで成長するために欠かせない3つの学習ステップ

こんにちは。先日AR領域のスタートアップ企業であるMESON, inc. にジョインしました。ぜんです。

今回MESONにジョインしたことにより、独学でスキルを学んでいたこれまでの3年間とは学習の環境がガラッと変わりそのことをきっかけに効率的な学習戦略を自分の中でまとめてみました。

そんなわけで、何かの分野で圧倒的速さでの成長をしたいと思っている方、特にスタートアップ企業に入って成長したい方へ向けてその学習戦略を簡単に3ステップでお届けしようと思います。

【まずは自己紹介】

まずはこれまでの経歴を踏まえて軽く自己紹介をさせてください。

株でお小遣いを増やしながら毎日深夜2時まで渋谷でナンパをしていた高校生時代、インフルエンサーマーケティング事業を運営していた大学生時代、その後DMMアカデミーに参加し、UI/UXデザイナーとして活動。

そして今はARに興味を持ちARstudio(AR領域の企画と開発)を行っているMESONにジョインし、Unityを学びながらUI/UXデザイナーとして活動しています。

【ARに興味を持ったきっかけ】

私がAR/VRに興味を持ったのは2ヶ月前のことです。
MESONホームページ内にあるブログを読んでいて
「ARを使って驚きではない価値をユーザーに提供する」
というワンフレーズをきっかけに興味を持ち始めました。

そこからの毎日はARで頭が埋め尽くされていました。

なぜ、ザッカーバーグ(FacebookCEO)やティムクック(AppleCEO)はAR/VRに投資をするのか?
「ARを使って驚きではない価値をユーザーに提供する」このフレーズの本質はどこにあるのか?
自分の「なぜ?」を追求するために毎日ARのことを調べました。

そうして自分の答えを出した後、 Unityを学び始めました。

そんなきっかけを与えてくれたところに今私はいます。素晴らしいことです。

そんな経緯でMESONにジョインし、環境が変わりました。

3年間独学でスキルを学んでいた私に MESONでは二人の Unity先生がつきました。

優秀な二人の先生です。

先生がついたことで学び方が変わり、学習効率は独学の比にならないほど向上しました

MESONで Unityを学んでから5日間でARkitを使ってオオカミを現実世界で歩かせることができました。

3年間独学でスキルの学習を続けていた私にとってこの学習環境の変化はとても衝撃的なことでした。

そしてこの環境の変化が今回の学習戦略をまとめるきっかけとなりました。

【本題】

ここまで少し話が長くなってしまいましたが本題のスタートアップに入って圧倒的速さで成長するために欠かせない3つの学習ステップを紹介していきたいと思います。

【「なぜ?」から始める学習戦略】

STEP1.「なぜ自分が学ぶのか?」の理由を追求する


まずはその技術や分野を「なぜ自分が学ぶのか?」徹底的に調べること。
そしてその答えを出してください。

人は誰しもが「こうしたい、こうなりたい」という願望を元に動いています。「なぜ?」の追求はその願望を自分に理解させる行為でもあるのです。

ちなみに「なぜ?」から人を動かす手法はゴールデンサークル理論でも述べられています。

「なぜ?」を明確にし自分の願望を理解しておくことで「ブレない熱量」が得られます。

そして「ブレない熱量」はモチベーションを保つための大切な要素です。
モチベーションがなければ続かないですからね。

STEP2.「学べる環境に身を置く」


答えを出したら「学べる環境に身を置く」こと。
そして「その技術や分野を学んだら何ができるようになるのか?」を訪ねてください。全体像が見えてきます。
全体像を把握しプロセスを知ることで「何をどう学ぶべきなのか」が自分の中で明確になります。
その後はひたすら高速でインプット。分からないことはまず調べる。それでも分からなければすぐに聞く。

インプットしなければなにも始まりません。
高速で知識を蓄えましょう。

STEP3.「アウトプットできる環境」を作り出す


最後に、ある程度インプットしたら「アウトプットできる環境」を作りましょう。自分がメンターになることです。自分がなぜ学んでいるのか、その「答え」があれば教え子を持つことはそう難しくないはず。

メンターになりアウトプットをしましょう。その他のアウトプット手段として「プロダクト制作」にとりかかる。などでもいいかもしれません。

確かにインプットは大事ですがアウトプットはもっと大事です。
実践で使えなければ意味がありません。

アウトプットを通して理解を深め知識を定着させましょう。

【まとめ】

STEP1. 「なぜ自分が学ぶのか?」の理由を追求する
STEP2. 「学べる環境に身を置く」
STEP3. 「アウトプットできる環境」を作り出す

これがスタートアップに入って圧倒的速さで成長するために欠かせない3つの学習ステップです。
スタートアップに入って成長したいと思っている方がいましたらぜひ実践してみてください。

私は今まで自分の「なぜ?」を追求してから学習をはじめてきました。その方法を取り入れてから多くのスキルをブレずに学ぶことができています。

しかしその学習方法では足りないものがありました。
「学べる環境に身を置く」ことです。

ブレずに学ぶ。かつ圧倒的速さで成長するには「環境に身を置くこと」が必須だと感じました。

なので今回はスタートアップという「環境」に入って成長したい人を対象に記事を書かせてもらいました。

今回MESONで実際に学ばせてもらい学習効率が飛躍的に上がったことを踏まえて、環境に身を置くことの大切さを改めて感じています。

また、MESONでは一緒にARサービスを作っていきたいエンジニア、インターン生を募集しています。ARに興味がある方が居ましたらぜひ。一緒に学びましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

zen

MESON XR MAGAZINE

株式会社MESONのメンバーが交代しながら、毎週自分たちが仕事をしていく中で集まったVR/AR界隈に関する知見をブログとして公開していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。