見出し画像

辛すぎカルボナーラ

先日、月に1,2回、酒を買い出しにいく量販店にいったんですよ。そこ、食品コーナーも充実してて辛ラーメンなんかも結構安くて他の農心の製品なんかも扱ってるんですよ。で、酒を買いにいったついでに辛ラーメン補充しようと思ったらラーメンコーナーから農心製品がごっそり消えてる。ああ…今、日韓関係いろいろアレでその影響か…ってかラーメン関係ないだろ!ええい店主、許さんぞ!!

…って思って怒涛のモンスタークレイマーになろうとしたら、別の棚にコリアンフードコーナー出来てて、農心だけでなく山養のコリアンラーメンまで入荷してて、草生えた。(前置き)

そんな訳で大量に未食のコリアン即席めんを仕入れてきたわけですが、今回はこれ。農心「スパイシーノグボナーラ」を頂きます。

パッケージでは「ノグリラーメン」で鳴いてた狸の目がバーニングしてなんか嬉しそう。

画像1

しかし何語だよ「ノグボナーラ」ってw農心の公式サイトを見ると…あれ?載ってない。袋の説明書きをみると海鮮ベースの辛いスープ+チーズのカルボナーラ風即席めんのようです。

カルボナーラ風…と言うと辛さマイルドなイメージがありますが、事前情報によると農心のラーメンの中では一番辛いという話も。自分は辛ラーメンがギリギリ耐えられる辛さなのでそれ以上になると…どうなることやら。

まあ、ともかく作ってみましょう。

調理方法。

画像2

少な目のお湯で煮込む、焼そばタイプの調理方法ですね。かやくは先入れ、スープは後いれ。

成分表示。量が多いのもあってカロリーは高め。

画像3

塩分はやや少ない部類ですね。

内容物は麺と小袋3。

画像4

緑がカヤク、黄色がチーズベース、赤が辛いやつですかね。麺は辛ラーメンと同じでしょうか。

画像5

カヤクはナルトと昆布。

それでは規定通り茹でてみました。

画像6

ややお湯が残る感じですかね。ここに付属スープを加えて…

画像7

いかにも辛そうな赤い粉末とチーズぽい黄色い粉末。先述した赤の小袋から黄色い粉末が、黄色い袋から赤いのが出てきました。なんでやねんw

それではよくかき混ぜて頂きます。

画像8

画像9

とろりとしたスープが絡む麺は、やはり辛ラーメンと同じ麺でしょうか。辛ラーメン以上に辛い…ということでおそるおそる一口…

…あれ?普通にマイルドなカルボナーラやん…

と、思った瞬間にガツンとくる、辛ラーメン系のむっちゃ辛いやつ!!!!

確かにチーズの旨味とマイルド感があるんですけど、海鮮系の辛いスープがそれに負けてません。辛ラーメンなんかでも牛乳や豆乳、チーズを加えて辛さをマイルドにするアレンジがあるんですが、なんていうか、そういうのとも違う。辛いのもマイルドなのも両立して攻めてくる感じ。

これは辛ラーメン好きにはお勧めですね。ただ辛ラーメンがギリの辛さの限界点という人は要注意や。

画像10

と、いうことで自分はちょっと限界スレスレなので生卵投下。

画像11

最後に冷や飯。他の農心のラーメンに比べるとカルボナーラ風と言う事で、ちょっと米は合わないかも。チーズリゾット風といえばそうなんですけど。

そんな訳で今日はこの辺で。いやほんとコレ辛かったわ。だが今日、リピート用にまた買ってきた。次はもっとマイルドみをますアレンジを試してみようと思います。辛ラーメン好きだけどたまには毛色の違う麺が食いたいなーという人はぜひ。

ご馳走様でした!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的に記事は無料でお届けしますが、お気持ちはありがたく頂戴いたしますので、なんていうか、支援しろ…いや支援してくれてもいいのよ?

木村全開

Youtuberは休業中。Twitterでやってた#今日のインスタントラーメンという企画をこちらのnoteでやることにしました。気が向いたら他にも雑文など。

今日のインスタントラーメン

現代人なら毎日2~3食は頂くインスタントラーメン(ねえよ)。こちらのマガジンでは袋タイプをメインに日々の即席めんライフを綴っていこうと思います
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。