「核なき世界」という言葉について

こんにちは。隠れ軍事オタクのほむらマンです。

皆さまは今日、地球上にどれだけの核兵器があるかご存じだろうか?コナミ社のゲームソフトであるMETAL GEAR SOLID V PHANTOM PAINEから抜粋すると、2015年でも1万2000発の核兵器が存在しているとのことです。同時に作品の登場人物である和平(かずひら)・ミラーがあるルートでこのようなセリフを発します。

「世界から…核が消えた。こんな日が来るとは」

動画を見て…思いました

現実世界じゃあ絶対にありえないな。と

夢を壊すような言い分でアレですが、人類が地球に存在する限り「抑止力」などという言葉は赤子をあやすようなものでしかありません。我々は今でこそ平和な日々という甘い蜜を啜って生きているということを忘れてはなりません。その甘い蜜は人の小さな過ちや諍いで枯渇すると断言します。今でも内乱内戦がないわけがない。昨年もお隣の国がミサイルを放ったことで昨年を表す漢字が「核」などという不快極まりない字になったことを大変に遺憾に思います。

もし、再び世界が戦乱の火に包まれた時は今度こそ人類は終わりを告げるでしょう。2018年現在、人は随分と他人を否定する風潮にあるという事が、

   いずれ争いの呼び水になるということを肝に銘じてほしい。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ほむらマン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。