エンタメ感想(映画ドラマ本など)

7
ノート
00:00 | 00:30

ディズニー映画にもなった「ノートルダムの鐘」
劇団四季の京都公演を観に行ってきました!

⚠︎以下ネタバレ含みます。

15世紀末のパリが舞台ですが、物語の中には現代にも通じる色んな「問い」が散りばめられていました。

・見た目がみにくく「怪物」と言われる主人公を世間から隔離している司祭
・主人公と司祭の主従関係から見えてくる共依存
・ジブシーの彼女に初めてありのままの姿を受け入れられる主人公

もっとみる

「凪のお暇」からみる毒親の描き方

金曜ドラマ「凪のお暇」にハマっている。

だいたい最近はTVerにお世話になっており、録画を忘れていても1週間以内に見逃し配信を視聴すればいいので、とっても楽だ。

さて、連ドラ好きの私(ふーみん)は今回のクールで「あなたの番です」

「これは経費で落ちません!」

そして「凪のお暇」を観ている。

中でも「凪のお暇」は、親子、カップル、友人、夫婦など様々な人間関係に焦点を当てられており、とっても

もっとみる

20〜50代向けのおすすめ漫画5選 大人になってから漫画の深みを再発見

ぴらい妻のふーみんです。

今日は私が書きたいことを徒然なるままに綴っていきます!

   最近漫画にハマっている。

   昔は、別冊マーガレットの発売前日に毎月コンビニに走っていた。

「高校デビュー」や「君に届け」「ストロボエッジ」を読んでは、恋愛に憧れた。
   私が小学生時代はお小遣いが少なかったので、7つ上の長姉が400円弱のお金を払ってくれていた。
   それを毎月家族4人で回し

もっとみる

「あなたの番です」犯人が誰なら視聴者は納得する?

ドラマ『あなたの番です』にどハマりしている。
ホラーやアクション、サスペンスがそれほど得意ではない私(ふーみん)は、興味本位でたまーにそれらを観るものの、すぐに脱落する。

『あなたの番です』も当初は脱落しかけたドラマだった。

しかし、ネットサーフィンが趣味の私は、毎週のように考察が盛り上がっていく『あな番現象』を目にするたびに、色んな記事を読み漁り、ドラマへの興味が増していった。

※以下ネタ

もっとみる

「博士と彼女のセオリー」からみる多様な夫婦のかたち

みなさん、スティーブン・ホーキング博士を知っているでしょうか?

 恥ずかしながらぼくは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患いながらもなにか宇宙の研究に没頭している人で去年(2018年)に亡くなった、というくらいの認識しかなかった。

 しかし、最近Amazonのプライムビデオに追加された映画「博士と彼女のセオリー」を見て彼の生涯を知った。未視聴のプライムユーザーの方おすすすめですよ!

 ※ここか

もっとみる

「生きづらさ」はどこから来たの?バブル崩壊後の宗教観の変化

令和時代になり、はや4ヶ月。元号が変わる瞬間のお祭りムードから、まわりは徐々に新しい時代に変わり始めている。

 週1回のNO残業デーが撤廃され、『毎日定時で帰ろう』キャンペーンをしている会社があったり、どんどん副業解禁になったり、時代に合わせて変わろうとする気配を感じる。

 一方、面談をしていると仕事でもプライベートでもやりがいを感じられずに「生きづらさ」を抱えている人が意外と多いことも実感す

もっとみる

昨日「天気の子」を観てきたので、振り返りの感想です。
*以下ネタバレを含みますので、未鑑賞の方はお気をつけください。

今回、前評判的にも賛否の巻き起こる作品だったようです。
それが、新海誠監督の狙いとも言われているとかいないとか…。

制作サイドの思惑通り、鑑賞後は私たち夫婦の間にも様々な議論が巻き起こりました。

簡単に言うと、ぴらいは賛サイド。
私(ふーみん)は否サイド。

否定的と言っても

もっとみる