家族関係を再構築しよう

21
ノート

今日は三連休のため、ぴらい家族一同で熊野地方へ旅行に来ています😊

家族だけでなく、だれかが混ざると化学反応が起きて、色んな一面が見えてきますね〜😏

いやー面白いです。

#毎日更新 #毎日note #エッセイ #日記 #ブログ

「凪のお暇」8話からみる毒親の描き方

金曜ドラマ「凪のお暇」にハマっている。

だいたい最近はTVerにお世話になっており、録画を忘れていても1週間以内に見逃し配信を視聴すればいいので、とっても楽だ。

さて、連ドラ好きの私(ふーみん)は今回のクールで「あなたの番です」

「これは経費で落ちません!」

そして「凪のお暇」を観ている。

中でも「凪のお暇」は、親子、カップル、友人、夫婦など様々な人間関係に焦点を当てられており、とっても

もっとみる

子どもの行動を制限していませんか?

今日マタニティヨガ教室に行ってきたんですが、そこでの先生の話が印象に残っています。

先生は職業柄、色んなお母さんや子どもたちと接する機会があるそうです。
そこで、今回は「子どもへの関わり方」について。

音声noteはこちらから

子どもの行動をどこまで制限すべきか

まだ1才前後の歩き始めたばかりの子は、色んなものに興味を持ち、教室に来ているお母さんや子ども達に指で「ツンツン」と触りに行くそう

もっとみる

ファミリーなら何をしても許されるのか?

先日吉本興業問題が勃発し「ファミリーだと思っていた」や「ぼくはファミリーだと思ったことはありません」など吉本興業に所属する芸人さんたちの言葉をよく聞いた。

 しかし、よく考えてみると

『ファミリーなら許されることだったのか?』

 すごく疑問だった。

 謝罪会見を開きたいのに開かせない。
「お前らなんていつでもクビにできる」
「録音とかしてないやろな」と脅す。

 これは親子関係として正しい

もっとみる

「博士と彼女のセオリー」からみる多様な夫婦のかたち

みなさん、スティーブン・ホーキング博士を知っているでしょうか?

 恥ずかしながらぼくは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患いながらもなにか宇宙の研究に没頭している人で去年(2018年)に亡くなった、というくらいの認識しかなかった。

 しかし、最近Amazonのプライムビデオに追加された映画「博士と彼女のセオリー」を見て彼の生涯を知った。未視聴のプライムユーザーの方おすすすめですよ!

 ※ここか

もっとみる

「孫が会いにきてくれない」と嘆く祖父母

この数日は、お盆休みで休日を満喫できた人も多いのではないでしょうか?僕自身も、久々の大型連休だったので、家族が一堂に会したり、遠方に住む友人とみんなで久々に集まったりしました。

 そこで聞いた何人かの発言で、気になったことがあったんです。

実家の居心地がよくない

「家を出る前はなんとも思っていなかったのに、独立(一人暮らし・結婚)してからは、帰省の度に実家に泊まるのが億劫になった」

 

もっとみる

「もちろん近くに住むでしょ?」子離れできない親達

結婚を機に2人で住む場所を決めて、親に報告したら、「その場所はダメだ」と言われた経験はないだろうか。

 ぼく自身は3回引越しをした経験があるが、親と一緒に決めた初回以外は基本的に「なんでそんなところにするんだ」と否定的な意見を言われた。

 わけを聞いてみると「そこの土地は環境的によくない」だとか、「ぼくの通勤時間が長くなるからダメだ」とかそういう理由だった。
 でも話を深く聞けば聞くほど、結局

もっとみる

「男の子と女の子どっちがいい?」

「子どもができたら男の子と女の子どっちがいいかな〜」と考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

 今回は子どもの性別について考えた記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 最近、妻が妊娠した。
 友人や知り合いに、そのことを報告するとまるで自分のことのように「おめでと〜〜〜!!!」と言って祝福してもらえる機会が増えた。

 祝福してくれるみんなの気持ちは嬉しいけど、なぜかぼ

もっとみる

結婚をするとパートナーを自分の友達や親戚の集まりに連れていく機会って増えますよね?

こんにちは、ふーみんです。

私は結婚当初、人見知りのぴらい(夫)を自分のコミュニティに紹介する時、なかなか距離感を縮められないもどかしさがありました。

もっと「家での素に近いぴらいを知ってほしい」のに、友達の輪に入ると、そこには緊張してガチガチになるぴらいの姿があったからです。

一対一ならまだしも、複数の場

もっとみる

ぼくは、子どもに「そばに住みたい」と言われたくない

あなたは親や子どもの近くに住みたいですか?
それはどうしてですか?

 ふーみんが妊娠してから、子どもが生まれた後のことを考えることが増えた。

 ぼくらは、自分たちの子どものことを『ぴら子』と呼んでいる。女の子だからではなく、ぴらいの子どもだから『ぴら子』なのだ。

 2人で常々「ぴら子に依存したくないね」という話をしている。今日は親子の依存について考えてみたい。

 周りの友人たちの中に、「親

もっとみる