見出し画像

人見知りを克服したきっかけ「案外みんな気にしてないよ」

 
ぼくは、妻に出会う前までは人見知りでした。

 まぁ、今でも人見知りなんですけど、以前よりは格段に人見知りをしなくなりました。

 前にあげた記事で、

店員さんに愛想よくするのが疲れると言いましたが、ぼくは根っからの八方美人であるため、愛想よくすることに全力をつかってしまい、大人数いると自分の意見が言えないでいました。

 1対1であれば、なんとか対応できるのですが、複数いる中で発言するのが苦手だったのです。

 この「人見知り」と言う表現は捉え方の問題なので、1対1で喋るのが大丈夫だから「人見知り」ではないと言う人もいると思いますが、ぼくの場合は対複数が苦手なので「人見知り」と言っています。


 いま振り返れば、複数で話をすると、なぜか極端に発言の量が落ちてしまっていました。

 実はこれ…自分で気づいたのではなく、ふーみん(妻)から指摘されて初めて認識したんです笑

「2人でいるときはめっちゃ喋るのに、今日全然喋らなかったね」

ふーみんの友人家族に会って帰ってきたときに、このように言われ、胸を矢で刺された感覚でハッとしました。これほどまでに衝撃を受けたのは、自分でもきちんと話をできているつもりだったのでしょう^^;

 誰にも指摘されたことがなかったので今まで気づいていなかっただけなのです。今思うとほんと幸せもんですね笑


 ふーみんに指摘されるまでは単に「大人数と会うとなんだか疲れてしまうなぁ…」くらいにしか思っていなかったのですが、このとき初めて自分の中で問題意識を持つことができたのです。

 それから、
なぜ2人でいるときはこんなに喋るのに大勢でいるときは喋らないんだろう…
と考えました。


 自分がこの発言をしたらどう思われるだろう?

 相手のリアクションが悪かったけれど、何かイヤなこと言ってしまったのかな?

 発言したのにひろってもらえなかった…恥ずかしいなぁ…


 などと、過剰に相手のリアクションを気にしていたのです。

 この問題を解決するために、ぼくは「大勢と会うことを避ける」という解決策しか思い浮かばなかったのですが、ぼく自身も大人数との会話でも疲れないようになりたいと思っていたので、何か他の解決策がないものかとモンモンと悩んでいました。

 悩んで悩んで考えていると、はたまた妻から一言…

 「案外みんな気にしてないよ」 


 ええ!?ほんとにそんなもんなの?

 すぐには信じられませんでしたが、おしゃべりの達人のふーみんが言うのでとにかく信じてみるしかありませんでした。


 そうして、チャレンジだと思って妻の友人たちに次々に会って、できるだけ相手の表情や言動を気にしないようにして、自分の思ったことを発言するようにしました。

 1回言ってひろってもらえなくても、頑張って2回同じことを発言したりもしました。

 すると、今まで帰ってからどっと疲れがたまっていたものが、気づいたらあまり疲れを感じなくなって、しかも楽しいと思えるようになっていました。

人それぞれだとは思いますが、ふーみんと結婚したことで、ぼくは妻コミュニティに参加し、他業界の人と出会う機会が爆増しました。そこで、自意識をはがしていくリハビリができたのです。

 今まで、自分は人のことを分析できる優秀な人だと思っていたのですが、ただ単に自意識過剰なだけだったことに気づかされました。

 自分の発言の一挙手一投足を気にしないようになると、自分にばかり向いていた関心を人に向けることができるようになり、

 相手の困っていることはなんなのだろうか。この場の全体にとって何を言うことがいいのだろうか。いろんな視点で考えることができるようになりました。

 そして、気づけば悩み相談のオファーが多数くるようになって、自己肯定感があがりました。

 関心を自分から他人に向けたはずなのに、結局は自分にまた戻ってきてしまいました笑


 でも、自意識過剰なひよっこ状態から、大人になってやっと抜け出せたことは自分にとっても大きな進歩だと思っています。

 みなさんも、自分のことを人見知りだと思っている方がいたらこのことばを思い出してください。


案外みんな気にしてないよ」 


#コミュニーケーション #人見知り #人見知り克服 #八方美人 #自意識過剰 #夫婦 #結婚 #メンタルヘルス #産業医 #結婚生活 #悩み相談 #恋愛相談 #コラム #エッセイ #コラム #日記 #飲み会 #コミュニティ #ビジネス #会社 #仕事 #転職 #就職 #新年度 #進級 #進学 #新歓 #学校 #自己紹介

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ぴらい&ふーみんの凸凹夫婦が、色んな人に出会い、話を聴き、それをもとに気づいたことを文章に綴っています。読んだ人が「もっと楽に」生きることができるようになりますように。そんなことを願って。

次のnote執筆の励みになります😭🙏
3

ぴらい&ふーみん 凸凹夫婦のカウンセリングnote

抽象化するぴらい(夫:産業医)と口の多動で喋り続けるふーみん(妻:ソーシャルワーカー)の凸凹夫婦が悩み相談を受けて考えたことを綴っています。"べき思考・役割思考で苦しむ人を減らしたい"が人生のテーマ。Twitter→https://twitter.com/mi_nusion

自己紹介

ぴらい&ふーみんが、なぜ人の「悩み相談」を日々聞いているのか。そのきっかけとなった出来事を綴っています。ルーツ、育ってきた環境、職場での経験などなど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。