見出し画像

平和主義って実はことなかれ主義のこと?

「わたし平和主義なんです。」

これはある部署の係長の発言。その部署には問題のある主任がいた。

 主任は感情の起伏が激しく、機嫌が悪い時は他のメンバーに対して怒鳴ったり、嫌味を言ったりしていた。
 その部署に所属している人はほとんどこの主任の被害にあっていたが、トップである課長は『臭いものに蓋をする精神』で、問題に向き合っていなかった。
 だから、みんな諦めモードで主任の機嫌を伺いながら仕事をするしかなかった。

 しかし、課長が変わったことで状況が動き始めた。

 異動してきた課長は積極的に部下と交流をはかり、主任の感情爆発問題を聞きつけた。前任の課長と打って変わって、『これはまずい』と本気で問題解決に乗り出そうとした。

 部下たちから、主任の態度に対する苦情を聞く一方で、係長からはそんな話を一切聞かなかった。

 課長は現状を正確に捉えようと係長からも話を聞くことにした。すると、主任が感情的に他の人を攻撃している現状を係長も認識していた。驚いた新課長は『なぜ今までこの現状を知っていて何もしてこなかったのか』と思わず詰め寄ってしまった。

 すると、係長は「わたし平和主義なんです」と答えたのだった。そして、こう続けた。

「主任は感情的になることもあるけれど、しばらくそうっとしておけば落ち着くので大丈夫ですよ。そんなことを大きくしないでくださいよ」

 係長の『平和主義』という言葉は、一見良いことのように聞こえるが、問題に向き合いたくない言い訳にすぎない。この『平和主義』という言葉も正確ではない。平和なのは自分だけだからだ。

 主任の被害にあっている人がいる状況を認知しながらも『平和だ』と本気で思っているのか。結局は自分にさえ被害がこなければいいのだろうか…

 もちろん、まずは自分の安全を確保することが大切ではあるが、係長というポジションについている以上、部下のことを守る責務はあるはずだ。

 結局、新しい課長は感情的に怒る主任を呼び出して周りの人が迷惑を被っていることを伝えた。しかし、新課長の思惑に反して主任はさらに荒れてしまい、今までは攻撃対象になっていなかった係長にまであたるようになった。

 すると係長は、新課長に対して

「今まで、できるだけ気を遣って関わらないようにしてきたのに、なんてことしてくれたんですか!」

と声を荒げて新課長に苦情を言うのだった。

 自分も主任の被害に合い、当事者意識を持つかと思いきや、反対に「ことを荒立てた!」と新課長を攻撃するのだった。

 『平和主義』を謳っていたにも関わらず、いざ自分に被害がきたら他人を攻める。

 本当にこういうケースは多い。

 「自分は平和主義。争いは嫌いだ。できるだけ波風を立てないようにしたい」

と言いながら、他で苦しんでいる人がいても自分さえよければ全く気にならない。そして、自分に影響が及び始めると平和主義とは程遠い行動をとるのだった。

 結局、係長にとっての平和主義とは『自分さえ平和であればいい』ということなのだろう。

 真の『平和主義』は、自分だけではなく周りの人も平穏に過ごせるような状況を望むことだとぼくは思っている。

 だから、問題行動を放っておくことは決して平和主義ではない。その問題行動の裏で苦しんでいる人もいるのだと意識して、勇気をもってその人の問題行動を指摘することが大切なのだ。

【まとめ】
・あなたにとっての平和主義とは何か
・「自分さえ平和であればいい」=「平和主義」の人が多い
・真の平和主義は、自分以外の人も含めた平和を望むこと

ぴらい&ふーみん

#エッセイ #コラム #日記 #人生 #生活 #人間関係 #悩み #悩み相談 #ライフスタイル #パワハラ #仕事 #ビジネス #上下関係 #上司 #部下 #同僚 #先輩 #後輩 #会社 #職場 #就職 #転職 #価値観 #思考 #べき思考 #イライラ #モヤモヤ #行動 #多様性 #凸凹 #夫婦 #結婚 #結婚生活 #夫婦喧嘩 #育児 #子育て #子ども #自己肯定感 #ストレス #働き方 #メンタルヘルス #休職 #感情 #気持ち #言語化 #メタ認知 #思考の整理 #ブログ #家族 #家族関係 #夫婦関係 #夫婦カウンセリング #自己分析 #夫婦の会話 #ネガティブ感情 #ネガティブ #毎日note #毎日更新 #産業医 #精神保健福祉士 #ソーシャルワーカー #心理 #心理学 #平和主義 #管理職 #人事 #マネジメント #組織 #組織論 #チームマネジメント #指導 #教育 #チーム #チームビルディング #チームコーチング

 

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ぴらい&ふーみんの凸凹夫婦が、色んな人に出会い、話を聴き、それをもとに気づいたことを文章に綴っています。読んだ人が「もっと楽に」生きることができるようになりますように。そんなことを願って。

ありがとうございます🍀
32

ぴらい&ふーみん 凸凹夫婦のカウンセリングnote

抽象化するぴらい(夫:産業医)と口の多動で喋り続けるふーみん(妻:ソーシャルワーカー)の凸凹夫婦が悩み相談を受けて考えたことを綴っています。"べき思考・役割思考で苦しむ人を減らしたい"が人生のテーマ。Twitter→https://twitter.com/mi_nusion

自己分析のススメ

自分の考え方の癖を知っていますか?自分の好き・嫌い、得意・苦手、あらゆる価値観は時間や経験とともに変わるものもあるけれど、変わらないものもある。まだ見ぬ自分を再発見するために、色んな人の考えに触れ、自分への理解を深めよう。すると、もう少し生きるのが楽になるかもしれませんよ?
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。