見出し画像

要領の悪い人を見てイライラしていませんか?〜優秀な人ほど他人に厳しい〜

「職場にどうしても腹の立つ人がいる。我慢がならずストレスで耐えられない」
先日、ある友人Aから相談を受けました。

同僚へ対するパワハラ認定をされた友人A

 詳しく話を聞いてみると…

「仕事ができないくせに努力をしない。日中もタバコを吸ったりスマホを触ったりする時間があるのに残業をする。もっと時間を有効活用すれば仕事が終わるのになぜやらないのかわからない」

 ほんと、友人Aの言っていることはもっともです。もっともなんですが…その正論をただぶつけても解決することは少ないのが現実なんです。

 実際に、友人Aも怒りが爆発して、それを同僚にぶつけてしまいトラブルに発展してしまいました。

「いつも忙しいと言って、仕事をしてないのだからせめて勉強くらいはしろよ。人に迷惑をかけているのがわからないのか!」

 そう言われた同僚は、翌日から休み続けました。そう、メンタルを病んでしまったのです。詳しい病名はわかりませんが、精神科に通院することになりました。

 当の友人Aは上司に呼び出され、「パワハラになるから下手したらクビになるかもしれない」と言われました。
 このことが原因で友人Aも精神的に参ってしまい、ぼくのところへ相談へくることになったのでした。

自分は優秀だという自覚のない友人A

 友人Aは、非常に能力が高く、人よりも学習スピードが速いので、自分よりできない後輩や同僚に対してイライラしてしまうようでした。

・なぜ1回で覚えられないのか
・覚えられないなら、なぜメモをしないのか
・なぜ勉強しないのか
・なぜ自分と同じ年数働いているのに、こんなにもできないのか

 友人Aは『自分が普通』だと思っているため、できない人はサボっているようにしか見えないのでした。優秀な人からすると簡単なことでも、できない人にとっては途方もなくハードルが高いこともあるのです。

 ぼくは努力も才能だと思います。

   何をどのようにしたらいいのか、横について、つきっきりで懇切丁寧に見守る人がいないと行動に移せない人もいるんです。

 このように、できない人に対してイライラしてしまう人も、自分が他の人よりも優れているんだと自覚できるようになると、他人に優しくなることが多いです。

「年をとって丸くなった」と言われる理由

 ぼくが以前勤めていた職場の上司も非常に優秀な人で、本当に優しくみんなから慕われていました。
 しかし、その上司のことを以前から知っている人は

「昔は、すごく怖くて攻撃的だったのに、人ってこんな丸くなるんだね〜」

と驚いていました。

   ある程度、役職を与えられるなど社会的な評価をうけると「自分は他の人よりもこの分野で優れているのかもしれない」と自覚をすることができ、他人に対して穏やかになっていく人もいるのでしょう。

   問題になりやすいのは、とっても優秀なのに、会社や社会から評価されず、『自分は不特定多数の一人なんだ』と思いこんでいる人です。
そういう人ほど、自分より効率悪く働いている同僚に厳しく当たってしまうことがあります。

 ぼくの上司や友人に限らず、こういう話はいろんなところで耳にします。

 あなたは、要領が悪い人を見てイライラしてしまうことはありませんか?
 それは、あなたが優秀すぎるがゆえにそう感じてしまうのかもしれません。

 もちろん「そんなことない」と思われる方もいると思います。そのときは自分が優秀だと無理に思う必要はありません。

 ですが、

 『人はみんな違う

 そう思って他の人と接してみてはどうでしょうか。

【まとめ】
・自分が優秀な人間だ!という自覚のない人ほど他人に厳しくなる
・役職や社会的な評価が伴うと「自分は優秀」だと認識でき丸くなる人が多い
・立場は与えられなくとも「人はみな違う」という視点で他者をみてみよう

ぴらい&ふーみん

●類似性の高い記事●

・空気がよめない人にイライラしませんか?

・そのイライラ相手に伝わってますよ?怒り感情と上手に付き合おう

・お前は努力が足りないんだ!と怒っている人に言いたいこと

・言い訳ばかりして全然成長しない人「それって防衛反応では?」


・「職場いじめ」誰かを生贄にして安心する

・傷つきやすい人ほど、相手を攻撃する


#人間関係  #パワハラ #仕事  #価値観 #べき思考 #イライラ #モヤモヤ #ストレス #働き方 #メンタルヘルス #感情 #メタ認知 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ぴらい&ふーみんの凸凹夫婦が、色んな人に出会い、話を聴き、それをもとに気づいたことを文章に綴っています。読んだ人が「もっと楽に」生きることができるようになりますように。そんなことを願って。

ヤッターーーーー🤗
27

ぴらい&ふーみん 凸凹夫婦のカウンセリングnote

抽象化するぴらい(夫:産業医)と口の多動で喋り続けるふーみん(妻:ソーシャルワーカー)の凸凹夫婦が悩み相談を受けて考えたことを綴っています。"べき思考・役割思考で苦しむ人を減らしたい"が人生のテーマ。Twitter→https://twitter.com/mi_nusion

自己分析のススメ

自分の考え方の癖を知っていますか?自分の好き・嫌い、得意・苦手、あらゆる価値観は時間や経験とともに変わるものもあるけれど、変わらないものもある。まだ見ぬ自分を再発見するために、色んな人の考えに触れ、自分への理解を深めよう。すると、もう少し生きるのが楽になるかもしれませんよ?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。