J2 第6節 岡山 vs 甲府 レビュー

岡山 1 − 0 甲府


2018年3月25日(日)14:03KO Cスタ



◎試合全体の流れ



連戦最後の試合ということで疲労度を考えないといけない試合でした。甲府は3421でショートパスをつないでくるオーソドックスなスタイルなので、甲府のパスにどのくらい中盤の守備が食いつけるか?そこが難しい前半でした。しかも風下の条件でロングボールが使いづらい。そうなるとロングボールを多用する岡山の攻撃に悪影響を及ぼします。そういうこともありこの試合の前半はここ6試合でも最も難しいコンディションで戦わなければなりませんでした。しかし、ヨンジェカウンターで得たFKから後藤のヘッドで先制。前半の半ばを過ぎてからは足も動くようになり試合が落ち着きます。後半は前半とうってかわって安定の展開。ほぼ甲府の攻撃をシャットアウトできており、大きなピンチを迎えることなくここ6試合でもっとも安定した後半を過ごし勝ち切り。5勝1分で首位キープを果たしました。




・今回のレビューのトピックス

◎ミラーゲームを有利に導くシャドーの仕事

◎ここ6試合で最も難しい前半だったはずなのに・・・

◎後藤圭太のゴールとセットプレーの守備について

◎前半とは逆転してここ6試合で最も安定した後半

◎ピックアッププレーヤー 齊藤和樹・仲間隼斗・上田康太





それではまず、両チームのフォーメーションから確認していきましょう。

岡山のフォーメーションは3421

甲府のフォーメーションも3421

次に、両者のフォーメーションのかみ合わせをチェックします。




ということで、この試合もミラーゲームになりました。ミラーゲームではショートパスを繋ぐチームは厳しいマークにあう可能性がありますから、甲府の方は選手の立ち位置を変えて数的有利を作ったりと工夫が必要になってきます。岡山の守備のキモはCB陣の高さと強さ、および中盤の運動量を使ったパスの封鎖。前半は甲府の攻撃になかなか守備がハマらず苦戦しましたが、そこにはショートパスを繋いでボール運ぶために中盤を有利にする甲府のシャドーの仕事がありました。




◎ミラーゲームを有利に導くシャドーの仕事



「ミラーゲームでは中盤の枚数がかみ合ってしまうのでショートパスを使って攻める方は出し手も受け手もマークを受けやすくなってしまう」という前提条件に対し甲府は効果的にシャドーが動いて数的有利を生み出します。

この続きをみるには

この続き:4,609文字/画像7枚

J2 第6節 岡山 vs 甲府 レビュー

Zerofagi

130円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキをおしてくれたあなたがスキ。いや割とマジで・・!
2

Zerofagi

0からはじめるファジアーノ note

サッカー好きの生粋岡山人が、0から地元サポーターとして応援していきます。試合の考察中心の分析系note
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。